福袋

e0172635_19323231.jpg
楽しみにしてた福袋。
何作ろうか。
眺めてるのが楽しい。



[PR]
# by dandanjunjun | 2018-01-13 19:34 | 手芸 | Comments(0)

愛の嵐

e0172635_11062936.jpg
このポスターかっこいい。
あまりにも有名なシャーロット・ランブリングのあの姿。
なのにこれまた観ていなかった。
録画したまま観てない映画消化月間。
主従関係という抗えない状況、しかもそこは強制収容所で。
悪行をやり放題だった元ナチ親衛隊の面々。
今では過去を隠しひっそりと生きていたのに。
当時弄んでいた娘が目の前に現れる。
これはもう病気で運命のいたずらで、磁石のような二人だったんでしょう。
シャーロット・ランブリングと言えば、あの目。
はれぼったいような奥二重のような、薄いブルーかグレーのような冷たく鋭い眼差し。
「僕の天使」
と呼ばれるのもわかる氷のような美しさ。
ボリュームのない裸体が不思議な危うさを感じさせる。
服を纏えば淑女の美しさ、その下に隠す過去と本当の自分。
解き放たれた時の喜び。
耽美的な美しいイタリア映画。


[PR]
# by dandanjunjun | 2018-01-13 11:17 | 映画 | Comments(0)

白い肌の異常な夜

e0172635_10590714.jpg
タイトルからして私好み(笑)なのになぜか観ていなかったこれ。
異常(笑)
南北戦争で疲弊した人々。
ひっそりと女たちだけで生活していたところへ、怪我をした敵の兵士が。
北軍は「ヤンキー」と呼ばれてる。
土臭く男尊女卑、人種差別の色が濃い南部に対し少しリベラルな印象の北部人。
警戒しながらも男性不在の女の園では欲望が渦巻き始める。
軽く手なずけていた色男が節操なく片っ端からお手つきをはじめ。
12歳の少女から学園町まで「ヤンキー」の手の中に飛び込もうとしたその夜。
各部屋でそわそわと男を待つ女たち。
一番若いピチピチギャルは待つより攻撃開始。
そもそもこの北軍兵士は、すぐに差し出されれば捕虜にされるか殺されるはず。
それをなんとか逃れ匿われている学園からなんとか抜け出し見方の部隊に合流したいはず。
良い人として相手を油断させればやがてチャンスが訪れそうだったのに。
女たちを手玉に取るのが脱出目的だったようには見えない。
ほぼ色に目がくらんでハーレム状態を楽しんでいただけのように見える。
露骨にあちこちでいちゃいちゃしてればすぐにばれるに決まってるし。
どうみてもまじめな教師や嫉妬深そうな学園町に手を出すのは危険だ。
男が来る以前には学園町の兄(行方不明)が黒人の使用人に手を出したり、どうやら近親相姦の様子も。妹である学園町の回想にも兄との戯れが度々登場。
というわけで、どう観てもカルト・ムービー的なこの映画を、ソフィア・コッポラがリメイク。
もう宣伝写真からソフィア色に。
ニコール・キッドマンにキルスティン・ダンスト。男を誘惑するピチピチギャルになんとエル・ファニング。
黒人の使用人が登場しないことが問題になっているとかいないとか。
大げさに叫ぶ女子や薄気味悪い学園長の過去、70年代の雰囲気たっぷりの変な映画が良かったけど、2017年のソフィア・コッポラ編がどうなっているのかこれはこれで楽しみ。
町山智弘さんの解説をちらっと詠んだら、クリント・イーストウッドってこんな役も多いし、私生活もかなり酷かったそうな。
映画さながらファンにも手をだしたりとお盛んで。
今って、私は好んで観てないけどイーストウッドって燻し銀的な職人監督的位置に収まってる気がする。
女たらしの役はまってたな。


[PR]
# by dandanjunjun | 2018-01-12 15:01 | 映画 | Comments(0)

パッセンジャー

e0172635_19215885.jpg
もちろん録画で。
とにかくジェニファー・ローレンスって良い。
これは一応SFなんでしょうが。
究極の選択。
で、もし、自分がこのクリス・ブラッドの立場だったら。
冬眠装置で地球から別の星へ移住するため眠っていたら、自分だけ目が覚めちゃった。
しかも90年も早く。
つまりどう頑張ったって着く前に一人寂しく死んでしまう。
残りの何十年かを味気なく孤独に過ごすのか、目の前に眠っている理想の女性を起こすのか。
誰だって起こしちゃうかも。
起こされた方はたまったもんじゃないけど、でも。
その人が案外素敵だったりして。
これはやっぱり、もっとブサイクで鼻持ちならない薄汚い人に起こされて欲しかった。
そしたら・・・殺し合いか。
設定は面白いなー。


[PR]
# by dandanjunjun | 2018-01-11 19:29 | 映画 | Comments(0)

シング・ストリート

e0172635_14045151.jpg
ジョン・カーニー監督の以前の作品がちっともわからなくて。
それは私が音楽に疎いからだと思う。
これは録画してたのでなんとなく観始めたら。
ちょうど世代がぴったりで 笑
デュラン・デュランだのホールアンドオーツだのジェネシスだの。
MTV観てたな~とか。
だからなのか、この子達が演奏するこの映画の中の曲もしっくりと。
いや、上手だ。
かわいい女の子に会って恋したり、学校や教師への不満、家庭の鬱憤をダイレクトに音に乗せていく感じが凄く良い。
素直な感情が曲になってるみたいでキラキラしてる。
ほっぺの赤いまだ幼さの残る主人公が時に凄くかっこよく見える。
両親の事情、影響を与えてくれるけど捻じ曲がった兄、まだ葛藤という言葉すら知らないまま彷徨っている十代の子供たちが、巣立っていく様子を見ているのが楽しい。
一緒に演奏する仲間もそれぞれ個性が光ってて。
子供っていつのまにこんなに逞しくなるんだろう。


[PR]
# by dandanjunjun | 2018-01-10 17:12 | 映画 | Comments(0)