<   2010年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

赤い風船

BSから録画。
e0172635_10364092.jpg

男の子の足取りと一緒に50年代のパリの街を散歩してる気分。
石畳の小さな路地に入ったり、角を曲がったり。
男の子は男子校(?)追いかけるどの子もかわいい。

風船は息子も大好きだった。
遊園地、ショッピングモール、街角で、風船を持つ子を見かけると、自分も欲しいと探しまわる。
風船を買って自分で膨らますより、大きく膨らんだ風船を配ってるおねえさんからもらう方が嬉しかったみたい。
風船はフワフワ飛んでいって、やがて何処かの誰かの手に。
何故かそう思ってしまう。
遠く高く飛んで見えなくなってしまっても、どこまででも飛んでいけると、不思議とそう思う。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-05-21 10:46 | 映画 | Comments(0)

木曜日

毎週木曜日の仏語レッスン。
驚くほど上達しないまま時は過ぎて・・・(笑)←笑ってる場合じゃないけど。
続けることに意味を見い出して、ただ続けてる。
最近先生は学んだようで(笑)ちっとも進歩がないのは授業以外なにもしていないせいだと。
だから毎週のプチテスト。
前の週の授業から重要単語なんかをテストしてくれる。
それでも予習復習しない私は木曜日、気持ちだけ焦る。
ぎりぎりまで何もしない(しかも今だってこんなことしてるし)ままバタバタとレッスンに駆け込む。
最近は「テレビでフランス語」とか録画してみたり。
こんなの聴いてみたり


これは80年代、細野晴臣に見い出されたデュエットらしい。
プチ努力はなかなか芽がでないけど、こんなの見つけるのは楽しい。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-05-20 13:19 | 日々 | Comments(0)

胴着の二人

息子の空手は月曜、土曜の週2回。
午後7時から9時まで。
車なら5分くらいの距離だけど、大通りも越えるし、終わる時間が遅いので今までは送り迎え。
ところが昨日急に、「今日は自転車で行く」という息子。
離れて後から自転車で着いて行こうとする私に、地団駄をふんで拒否。
そろそろ帰る時間、うちの回りは街灯も少なく、心配で(笑)ちょっと見に行ってみたら・・・。
息子の声が。
怖がってる様子。
一瞬どきっとしたけど、暗闇に耳を澄ますともう一人女の子の声。
なんのことはない、怖くて女の子に送ってもらったらしい。
情けないったらないよ(笑)

石内尋常高等小学校 花は散れども
e0172635_1431014.jpg

新藤兼人監督2008年作品。
キャストの年齢が・・・。
校長先生が柄本明で妻が川上麻衣子。
その生徒が豊川悦司で、トヨエツを想い続けてる同級生が大竹しのぶ。
生徒たちは戦争を経験し、一人ひとりが人生を背負っている。
30年後の同窓会で順番にそれぞれの人生が語られる。
被爆したり、夫を戦争でなくしたり、誰もが悲惨な現状なんだけど、素っ頓狂な声を発する先生や、神妙に先生を慕う生徒たちがほのぼのとして見える。
誰もが逞しく歩いてる。

たまたま近頃新藤監督をテレビで2回見かけた。
上の映画に出演してる大竹しのぶのドキュメンタリーのようなものがNHKで。
舞台を終えた大竹に会いに監督が。
率直な感想を愛情をもって伝えていた。
現在98歳。
昨日の9時からのNHKのニュースでも、新作に意欲を見せる監督の姿が。
「皆さん、仕事をしましょう」とシンプルで深いあいさつ。
自分はまだ伝えきれていない。
戦争や、身内を戦争でなくした人々の苦しみ。
一作ごとに進歩しなければいけないのに、まだ満足できない。
生涯仕事をするために体を鍛える日々。
98年間を振り返るより、いつ終わるかわからない先を見てる。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-05-18 14:50 | 家族 | Comments(2)

パリより愛をこめて

日曜日のレイトショー。
月の上に月より輝く金星に驚き、追っかけるように映画館へ。
ベタな邦題と、ジョナサン・リース=マイヤーズに誘われて。
e0172635_1016554.jpg

1時間半くらいだったけど、気が付いたら終わってた。
こんなアクション映画は映画館で観ると楽しみも倍増。
スピード感と途中のカーチェイサーが「TAXI」を連想。
終わってからリュック・ベッソンだったのか・・・と(笑)
大きく成長した(笑)ジョン・トラボルタが撃ちまくる姿もかっこよく、「愛」を連発するラストも陳腐だと拍子抜けしそうだったが、ジョン・トラボルタの愛らしい顔にじんとくる。
ヒロインにカシア・スムトゥニアク。
リュック・ベッソンは監督ではないから、女優さん選んでないかもしれないけど、関わる映画のヒロインはとても魅力的。かっこよく、かわいらしい。

本を眺めながら、作れそうなものを物色しても、材料がなかったりレシピが理解できず・・・。
やっと一つ作れた!
e0172635_10291437.jpg

シンプルだけど、根気のいる作業。
肩こりと目の疲れで、昨夜はお灸(笑)
[PR]
by dandanjunjun | 2010-05-17 10:30 | 映画 | Comments(0)

5リットルの水

e0172635_114335.jpg

まとめて購入していたビーズキット。
残り少なくなってきて寂しい。
アウトレットで買ってるから、中には欲しくないものも(笑)
それでも練習、練習。
なんか乙女チック(?)っていうか、星?なのか、使ってもらえる人も思い浮かばない・・・。
映画も見られないから、ちらちらテレビを見ながら。
米倉涼子さんの体の柔らかくしなやかなこと!
体の中まで綺麗な感じ。
ちょっと遅い時間の番組には日本の月9ドラマに出演してるリン・チーリン。
美しさの秘訣は、毎日飲む水5リットルだそう。
最近私1リットルは飲むようにしてるけど、それでもしょっちゅうお手洗いに(笑)
5リットルも飲んだら、トイレから離れられなくて仕事にならないんじゃないかといらぬ心配を。
とは言えやっぱり水分補給は大切。
潤い潤い。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-05-15 11:51 | 日々 | Comments(0)

すいか

今年はもう2回食べた。
まだ甘味がちょっとたりないけど、すいかの季節が来たことが嬉しい。
e0172635_11253370.jpg

2003年に放送されてたドラマ。
リアルタイムにはちらっと見ただけだったけど、友人2人からの強い勧めで。
小林聡美、もたいまさことくれば、その後の「かもめ食堂」なんかにも繋がっていくような内容でもあるけど、これにキョンキョン(まだ使える?)やともさかりえなんかも加わって話は膨らんでいく。
10話は2回にわけてあっという間に観終わった。
食べるシーンもおいしそう(すいかも)だし、衣装もかわいい。
それぞれの個性的なキャラクターもおもしろい。
中でも際立つのは、舞台とまったく同じの白石加代子。
ど迫力(笑)な母親が出てくるたびに胸が躍る。


やっと観た「スラムドックミリオネア」
e0172635_1138592.jpg

説明はいらないかな。
良くまとまっているし。
インド映画ではない、外国人が見たインドの喧騒。


自分用に
e0172635_11404695.jpg

大き目の台座つきの石の回りをビーズで囲う。
不恰好だけど、自分にはこれくらいがいい。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-05-14 11:42 | 日々 | Comments(0)

待ってた

スーパーにお豆が並ぶのを横目で見ながらじっと我慢。
きっともう直ぐ。
本日、青臭い(笑)香りが立ち込め、たくさんのお豆到着。
e0172635_1111654.jpg

今年は不作かなとちょっと心配したものの、できは上々。
e0172635_1114528.jpg

そら豆のほうはちょっと小さめかな。
今日は豆ご飯を食べる。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-05-13 11:16 | 日々 | Comments(0)

マンマ・ミーア!

e0172635_13105248.jpg

予告で観たとおり(笑)
それでも懐かしいナンバーとともに気分も弾む。
おばちゃんになったメリル・ストリープがはっちゃける姿は可愛いし、楽しい。
ピアーズ・ブロスナンの唄はどうかと思うけど(笑)
これだけ幅のある女優さんもそんなにいないだろう。
最近観た「ダウト」と同じ人とは・・・。


映画で観たくて探した、「蜘蛛女のキス」
レンタルになくて、DVD買おうか迷った挙句、とりあえず本読もっかな、1円だし(笑)
amazonで、1円プラス送料で注文。
届いたのは・・・
e0172635_1320448.jpg

古い感じがまた良い。
装丁もかわいくて。
ただね・・・字がちっちゃい(笑)
私の嫌いな2段(1ページが2段に分かれてる)。
なんだか読む気なくすのは何故(笑)
でもおもしろそうだから頑張って読まなきゃ。

今日は「愛情弁当」の日。
いちいち「愛情」ってつけんなよって心の声。
茶色弁当になってしまいましたがあえて
e0172635_13284056.jpg

昨日の残りなんだけど(笑)コロッケ。
私も大好きだった実家の母の味を守ってます。
母は昔からたっぷりマヨネーズを投入。
私はマヨネーズを減らして、生クリームを入れる。
これはやっぱり懐かしくておいしい味。
息子も大好き。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-05-12 13:31 | 映画 | Comments(2)

e0172635_14524891.jpg

どうしても安達裕実に見えてしまうダコタ・ファニング。
クイーン・ラティファ、ジェニファー・ハドソン、アリシア・キースと実力も話題性も言うことなし。
メイ役のソフィー・オコネドーも良かった。
悲しい現実に立ち向かう少女とまだまだ差別が残る田舎町で主張しようとする黒人女性たち。
けして捻じ曲がることなく、毅然と前を向いて歩こうとする女性たちが優しく描かれてる。
観てて気分の上がる↑映画。

e0172635_1565197.jpg

「gouter de princesse」
前は「roi」だったはず?何が違う?大きさ?
箱いっぱいの大好物を友人がちょっと前に送ってくれた。
箱の色があんまり可愛くてパチリ。(携帯画像わかりにくいけど薄い水色)
誰にもあげず、毎日かかすことなく1枚(多くて2枚)ずついただいてる・・・せいか・・・。
日差しも強くなってきたけど、歩かなければ体が重い・・気が。
やっぱりみんなでいただかないとね。
欲張っちゃダメ。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-05-11 15:14 | 映画 | Comments(4)

日曜日

全国的に母の日。
頂戴ビームを発していた私に気がついた息子。
e0172635_1059289.jpg

「好きな花は?」と聞かれて答えた牡丹の絵。
一応カバー付きです(笑)

開始10分ほど過ぎてたけど、
e0172635_1111948.jpg

キャメロン・ディアズのこのコート!
70年代の設定なので、衣装が素敵。
このコート、臙脂色でマキシ丈。
身長があと10センチ高かったら着てみたい。
いつもの元気な彼女とは違って、窮地に追い込まれていく様子は、人間の弱く悲しい部分が理解できるだけにどきどきした。
夫役のジェームス・マースデン。
前に見たときも思ったんだけど、小島よしおに似てる(笑)
運命のボタン、私なら・・・押すでしょう(笑)だって1億だし。
迷うとは思うけど、きっと・・・。
後悔するとわかっていても・・・。
人は弱くて愚か。

作業部屋というか、作業場所を確保したんで、じゃじゃっとカーテンを。
最後が私の部屋。
e0172635_11154410.jpg

カーテンはこれで終了。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-05-10 11:16 | 日々 | Comments(0)