マルタのやさしい刺繍

e0172635_942464.jpg

日曜日、午前11時からの上映に間に合わせるのは、私にとって至難の業。
でも頑張って、前から観たかったので。
行ってよかった。
ほんとにかわいらしく、賢いおばあちゃんたちのお話。
スイスの小さな村。
夫に先立たれたマルタは、夫の写真を胸に「早くあなたのところへ行きたい」と
眠りにつく。
でも、やっぱりひとりぼっちで目覚めてしまう。
抜け殻になったマルタを一生懸命励ますお友達。
でも彼女達もまた、それぞれに何かを背負い、諦めて生きてる。
そんなおばあちゃんたちが「夢」を追いかけ始める。
観ていてにっこり微笑んでしまうくらい、ほんとにかわいい。
「浅はか」な息子や若いものに遠慮しながらも、「夢」を諦めない。
私はきっと憎たらしいくそばばあになるはず(笑)
だけど、昔好きだったものを見て、キラキラする目。
初めてのことに挑戦するときめきを、いつまでも持ち続けたい。
田舎にいるとなんとなく・・・尖ってはいけないというか・・・。
目立ってはいけないような風潮が。
都会とは少し違った感覚が、私にも感じられる。
そんな中で、「楽しむ」ことは難しいこともあるけれど、
自分次第でいくらでも楽しめるんだなー。
もう一つ。
友達って大切。
時には家族より支えあえる。
ぶつかりながらも寄り添える友達を大切にしなきゃ。

e0172635_10123660.jpg

アシュトン・カッチャーから録画してた「バタフライ・エフェクト2」を思い出して。
要は同じだろうけど、忘れてるから(笑)楽しめました。
大切な人を失い、失意の中過去に戻れるとしたら。
人生には選択する時が何度かある。
まったく別の人生になってしまう選択が誰しもあったはず。
もう一度選択できる、やり直せるってチャンスのようで・・・。
私はこの映画の最後が・・・。
自分より、自分の愛する人。
こういう選択をできる人はある意味幸せなんじゃないか。
どれを選択したとしても、結局は「選んだ人」なのか。
[PR]
by dandanjunjun | 2009-03-16 10:22 | 映画 | Comments(0)