人気ブログランキング |

家庭

e0172635_1411621.jpg

アントワーヌの成長を追ってみて(笑)
子供時代の満たされなかった感情(親からの愛情)の持って行き場がなく彷徨う感じが強く感じられる。
持て余すというよりは、感情の存在に気がつかない。
何かが欠如しているまま、大人になり、結婚し、子供を持つ。
一人で生きてきたプライドは持つが、人に対する行為になにか欠落したものを感じる。
自分の思い込みで観てるから、勝手にアントワーヌ・ドワネルという人を理解してる(笑)
こういうふうに一人のキャラクターを成長させていく設定って観る側にも色んなことを考えさせる。
ある時期、ある期間限定の話はその前後を想像しない。
場合によっては、その後を「ご想像にお任せする」というやり方もあるけど。
このシリーズは、前があっての今を見られるから想像力も膨らんで、人物により厚みが出る。
あの時こうだったもんね・・・と昔話をするように画面を追う。

アントワーヌの浮気相手が松本弘子。
記憶のなかに日本人だったかなというくらいだったけど、今回は興味が持てた。
日本語のやりとりがおかしい(笑)
交じり合わない感じがとてもおもしろい。
e0172635_1415655.jpg


ビーズ編みの糸をきらして、隣の市の大型ショッピングセンターに。
ない(笑)
仕方なくネットで注文したけれど、まだ来ないので・・・。
e0172635_14182697.jpg


何故買ったかも覚えてないけど、使えなかった花(笑)
e0172635_14194477.jpg

真ん中にフレーミングした石をつけてブローチに。
ガーリーだ(笑)
Commented by Qtaro-mama at 2010-11-14 06:49
アントワーヌ・ドワネルという名前が既に、自分の中では特別なものとなっています。
周りに「アントワーヌ」という名前の人が何人かいますが、この名前を聞いて一番初めに思い出すのは、やっぱりアントワーヌ・ドワネル以外の何者でもありません。
日本語のやり取り、私もそこだけもう一度見たいです。
Commented by dandanjunjun at 2010-11-15 16:27
Qママさん
Qママさんの周りにはアントワーヌという名前の人がいるでしょうね。一見クールな日本女性が、さらさらと普通に日本語で会話するのがおかしかったです。また何年かしたら見直してしまいそう(笑)
by dandanjunjun | 2010-11-13 14:20 | 映画 | Comments(2)