映画をはしごできるお盆休み
e0172635_21595709.gif
特に観たかったわけではなくて、映画館に行きたかっただけかも。
まずは「猫は抱くもの」
前から思ってたけど、沢尻エリカさんって作品に恵まれないというか。
ヘルタースケルターは良かった。
可愛すぎる。
整い過ぎるというのもいかがなものか。
犬童一心監督。
舞台と混ぜてちょっと変わった感じにするの嫌いじゃないけど。
猫もかわいいしね。
後藤保でゴッホっていうのも良い。
猫を擬人化して紛らわしくして惑わす。
でもだからって良くもない。
「ゲティ家の身代金」
これは。
ただでさえ辛い誘拐。
お金があるのに出さない爺さん。
誘拐犯を成功させるのは良くないけど身内なら出すよ。
しかも老い先短いはずの爺さんがまだ儲けたいってどこにお金を持っていくつもりか。
実際、遺して嫁と孫に。
しかも息子はダメ人間に。
お金って。
映画の合間にお腹が空いて。
近くの餃子屋さんに。
皮が厚めの焼き餃子とご飯をかきこんで。
幸せな1日。

[PR]
# by dandanjunjun | 2018-08-16 21:57 | 映画 | Comments(0)

e0172635_01020588.gif
これってどう解釈するのか
PTAとダニエル・デイ・ルイス。
神経質な芸術家と野生的なミューズ。
自分の領域を守ろうと懸命に生きて来た男がどう崩されるのか。
私は 逃げるが勝ちともとれた。
才能は永遠じゃないから。
逃げたとバレなければ良い。
利害関係が一致すればそのハプニングは成功。
それも愛。

[PR]
# by dandanjunjun | 2018-08-13 01:01 | 映画 | Comments(0)

店番しながらyoutubeで「ひき逃げ」を。
最近作られててもおかしくないサスペンス仕立て。
高峰秀子さん主演で、夫である松山善三オリジナル脚本。監督は成瀬巳喜男。
かわいい盛りの5歳の息子を亡くした母親役の高峰秀子さんの酔って暴れる姿が真に迫り胸が締め付けられる。
司葉子って綺麗。

昨夜までレイトショー上映だった「フジコ・ヘミングの時間」。
ピアノとかクラシックとか全然得意じゃないけど嫌いじゃないのと、あの容貌になんだか興味がある女性。
やっぱり素敵な人だった。
e0172635_11481180.jpg
子供の頃書いた絵日記がツボ。
絵が上手で文章も可笑しい。
そういうもの全部で彼女ができている。
妻と子供を残し去った父を恨んでいたかもしれないけど、それよりも父から受け継いだものを愛しているようにも見える。
最後に出てきた父の足跡が素晴らしくて、そこから始まったのかとさえ思えるほど。
与えられる愛情が存在しなかったけど、引き継いでいるものを誇らしく思っている。
80歳を過ぎて4時間の練習を毎日欠かさず、弾き続ける姿はとにかく美しい。
ピアノの音色と美しい映像にため息が漏れる。
贅沢な時間。

満足して帰ったけど、録画してあった「イニシエーションラブ」
e0172635_12070897.jpg
最後が・・・・・。
っていう宣伝文句を覚えてて。
気になってつい見始める。
そうでもないラストだったけど、これ文章で書くの難しそう。
原作は面白いかも。




[PR]
# by dandanjunjun | 2018-07-27 12:08 | 映画 | Comments(2)

めぐりあう日

e0172635_20564579.gif
めぐりあう日
ウニー・ルコント監督。
自身が養子に出された境遇を映画に反映させている。「冬の小鳥」もそう。
養子に出された女性が子供を持ち母親を探すが拒否される。
探すために、自分が産まれた産院のある街に引っ越す。
そこで偶然にも糸が繋がる。
これを観て思ったのは。
前に聞いたことがあるけど、女性は相当複数でない限り子供の父親はわかるけど、自分の子供ではない子供を自分の子供として育ててる男性が極々少数ではないという話。西欧と違い見た目では分かりづらいこともある。
映画では主人公はフランス人同士の結婚なのに、子供は「ご主人はアルジェリア?」「アラブ?」などと聞かれる。
そうなるとやっぱり気になるだろうなー。
一体自分の両親はどんな人だろう。
母親は事情があって子供を手放したけど、偶然会った孫が気になったり、娘にも惹きつけられる。こういうの血っていうのかな。
でも感傷的なベタベタした感じがなくて、手放した親やその周りの家族もありがちな保守的な田舎の人たち。苦しさを乗り越えていく力をどちらも持てたのが救い。
家族って小さな大切な単位だけど、離れても成り立つ不思議なもの。
e0172635_21144882.gif
暑いのに掃除してたらこんなもの見つけた!
嬉しい。
着よう。

[PR]
# by dandanjunjun | 2018-07-20 20:56 | ファッション | Comments(0)

ラジオ・コバニ。

e0172635_00551985.gif
ラジオ・コバニ。
一時間ちょっと。
だけど濃い。
廃墟のような街。
でもそこに人は戻って来る。
戦争という、わけのわからない、なぜそうなったかを考える暇もなく破壊されていく街と人。
失うことで人が破壊される。
戻ることができるのか。
ゴミのように人を捨てる映像。
その人は誰から産まれたのか。
これは同じ地球で起こったことなのだと。それを本当に理解しているのか。
昨日、息子が20歳になった。

[PR]
# by dandanjunjun | 2018-07-12 00:55 | 映画 | Comments(0)