ベガスの恋に勝つルール

e0172635_1311432.jpg

あらすじを自分で作れそうなくらい(笑)ですが、
やはりキャストで映画は良くなるのか。
キャメロン・ディアスとアシュトン・カッチャー。
二人とも魅力的。
アシュトン・カッチャーって、バタフライ・エフェクトで驚いた。
アイドルか歌手くらいに思ってたから(笑)
デミ・ムーアの隣にいると、どうもわかりずらいけど、
かわいいし、セクシーだし、スーツも良く似合う。
デミ・ムーアって強そうなところがちょっと苦手だけど、
正直羨ましい。
そんなふうに思えるくらい、この映画ではキュートなカッチャー。
こういう映画はやっぱりアメリカ。
キャメロン・ディアスは相変わらずかわいいし。
こんな役はぴったりはまる。
好きなのは、この時の
e0172635_13185879.jpg

すごい大作とかじゃないけど、何を観てもはずれがないのは
キャメロン・ディアスの魅力なのかな。
[PR]
# by dandanjunjun | 2009-03-14 13:25 | 映画 | Comments(10)

犬走る

e0172635_116566.jpg

崔洋一監督。
生前松田優作が映画にしたかったという情報はzucchinioさんブログがら。
観なきゃ!
新宿歌舞伎町を取り締まりながら、韓国人に情報を売る刑事が岸谷五郎。
その韓国人が大杉蓮。
刑事の同僚に香川照之。
刑事と韓国人とヤクザの間をスルスル渡り歩いてしたたかに生きる中国人女。
いわゆる裏社会を、逞しく生きる人たちが描かれてる。
みんなズルイんだけど一生懸命で、
こういうの見ると、人が生きてるって感じがする。
生々しく、生き抜くために、騙して騙されて。
松田優作が作ってたらどうなってたんだろう。


昨日の二分の一成人式。
うちのかわいい息子は(笑)
皆が立派に「官僚になりたい!」「ギネスブックに載りたい!」なんて発表している中で、
「まだわかりません、ゆっくり考えます」だって(笑)
10年後の自分に宛てた手紙は、10年後、担任の先生が投函してくれるそうです。
親からの手紙は最後に各子供に配られ、それぞれ読んでました。
今年の担任の先生は、とにかく盛り立ててくれました。
良い所を引き出して、褒めてくれるんです。
子供はのびのびと学校を楽しめる。
でも、勉強は厳しく細かいところまでうるさい(笑)
この根気が子供たちにも凄く良い影響を与えてくれました。
色んな制約が、先生方にとっても、教育方針の妨げになったりしてると思います。
でもそんな中、こんな風に子供に接してくださる先生に出会えたことは、
子供たちにとっても、親にとってもとてもありがたい経験でした。
できれば持ち上がりで、またこの先生に教えていただきたいけど、
こんな思いを他の子供たちや、父兄にも味わってもらいたいと心から思えます。
私にとっても、この1年の息子の成長は、嬉しいものでした。
目に見えてというよりは、ふとした時に笑みがこぼれるような・・・。
こういう些細なことが親の楽しみなのかな。
[PR]
# by dandanjunjun | 2009-03-13 11:39 | 映画 | Comments(2)

韓国はコピー天国。
歩いていれば、「完璧なニセモノあります」としょっちゅう声をかけられる。
本物を知らないから、「これいいな」と思っても、実は何かのコピーだったりするから、
探すのが大変(笑)
地下街を歩いてて、ニューオープンのお店が。
e0172635_148686.jpg

他にも皮のデザインにも惹かれたけど、ちょっと硬い。
これは黒と2色あって、夏に素足でと思いこちらに。
これ、日本円で3000円くらい。
ちょっとうれしい買い物。
[PR]
# by dandanjunjun | 2009-03-12 14:09 | Comments(0)

2分の一成人式

昨日に引き続き、初登場の息子の話題。
息子は今年10歳で、小学校で、2分の一成人式というのを行ってる。
多分将来成人式を迎えた時の自分に宛てて手紙を書いてるのかな?
今日の午後がその発表で、父兄も見に来るよう言われているので、明日詳細を。
これに伴い、父兄から子供に手紙を書くように宿題が・・・。
そのお知らせの手紙を息子が失くし、内容を確認できないまま、ソウル出発の朝6時。
とりあえず手紙を書いて、月曜日に持たせるよう封をして机の上に用意してから出かけようと。
振り返って、生まれた時のことを思い出し、早くも涙が(笑)
一行書くごとに涙が止りません。
10年前のことが昨日のことのように思い出されます(涙、涙)
自分でもおかしくて、「何で泣いてるんだろう?」と思いながら、
書き終えた頃には、目を腫らして(笑)
今となっては、読まれるのが恥ずかしく、ちょっと後悔。
あの手紙、息子は今日読むのかな。
[PR]
# by dandanjunjun | 2009-03-12 10:49 | Comments(2)

ソウル

2泊3日の韓国旅行から月曜の夜帰ってきました・・・が。
私が家に到着5分後、空手の稽古から戻った息子が「頭が痛い」と。
何年かぶりの発熱。
と言っても、37.5度くらいだけど。
薬を飲んで、翌朝も変わらず学校はお休み。
おかげで息子と1日ぐっすり眠れました(笑)

韓国は・・・安かったー(笑)
去年行ったときと同じ金額を両替したら、倍のウォンが手元に。
韓国の化粧品は高麗人参がはいってたり、凄く肌によさそうで、
帰りは荷物が多いというよりは、重い!
食べるものも安くておいしい。
e0172635_110353.jpg

私も友人も写真を撮る習慣がなく、携帯で。
見てもちっともわからないだろうけど、東大門市場近くのサムゲタン屋さん。
メニューが読めないから何があるのかわからないけど、みんな同じもの食べてたし、
聞かれなくても、座ったら出てきたから、これだけしかないのか。
鍋に鶏とトッポギとジャガイモなんか入ってて、お好みで大量の唐辛子。
となりのカップル(笑)は大量に消費してました。

今回もやっぱり韓国人の男性は、彼女のバックを持ち、
鶏の身をほぐし、食べさせ、愛をささやき(言葉わからないから想像)、
見詰め合ってました(笑)
が!何しろ素敵な人は一人として見当たらない。
芸能人はある意味奇跡です。
庶民はほんとにしょぼかった。
女の子はスタイルよく綺麗なのに。

上のお店はビール飲んでも、二人で1700円くらい。
ちょっとこぎれいな店でお昼の定食を頼んだら、
e0172635_11131291.jpg
e0172635_11132968.jpg

こんな感じで33種類ほど(笑)
味は上品で、値段は一人1200円くらい。

昨日の新聞に、日曜日に行われた空手の試合の記事。
なんと、1勝もできなかったうちの息子が・・・。
e0172635_1115668.jpg

右側です。
「型が綺麗だから載せてくれたんだよね。」
と、これでも親ばか丸出し(笑)
[PR]
# by dandanjunjun | 2009-03-11 11:19 | おでかけ | Comments(4)