花火

昨夜は大分県へ。
友達から誘われて面白い楽しいライブを聴きに。
途中に休憩があって「休憩中に花火見ましょう」と号令がかかり、店の裏に出ると。
そこは三隈川。
来る途中高速のすぐ横の集落がまだひと月前の豪雨災害で住宅がほぼ埋まってた。
悲しい光景がそのままの状態で、今日の時折降る激しい雨で更に酷くなってないといいけど。
e0172635_00110251.jpg

たまたま花火が上がるなんてタイミングが良すぎると思ったら、なんと大きな塾の勉強合宿が生徒たちに見せるため花火を上げたそう。
賢そうな子供たちの歓声に混じり大人の嬉しい叫びが。
花火の写真全てに隣の人の腕が入ってしまった。
ほぼ全て。
とほほ。
実はこの腕、ギターの奏者さんのもの。
ご本人たちも大喜びの花火大会。
気持ち良い音楽を聴き、打ち上げまで参加して、友達が飲まずに運転してくれる車で帰りもありがたく送っていただいて。
ショートショートトリップでしたとさ。
日田、良い街です。
[PR]
# by dandanjunjun | 2017-08-09 23:58 | Comments(0)

麦子さんと

e0172635_23551418.jpg

ヒメアノールを少し前に観て面白かったので。
吉田恵輔監督。
なんかね、面白い。
兄妹が暮らすアパートにやって来た母。
ずっと昔、離婚して家を出たきりだった母を兄は無下に追い返す。
妹は母ということにも気がつかない。
事情はさておき、父が亡くなった後、送金していた母が、一緒に住みたいと言ってきた。
ともあれ暮らし始めたすぐ後に兄は家を出てしまい母娘2人暮らしに。
打ち解けられない娘。
疲れた様子の母。
そしてあっけなく母は死んでしまう。
娘としては。
泣いてる兄を観ても涙は出ない。
母として認める前に居なくなってしまった。
認める。
抱えきれない感情は大きすぎて自分ではどうにもできない。
なんだか面白いアクシデントで、少しづつ母に近づいていく。
自分を捨てたんじゃない。
愛されて生まれてきたということがどんなに人にとって大切なことなんだろう。
伝えられる時に伝えなければ。
会いたいと思う気持ちは伝えなければ。
e0172635_23551421.jpg

全然違ってまた面白い。
馬鹿な男。
そして人は多かれ少なかれ依存しててストーカーにもなり得る。
人のふり見て我がふり直せ。
[PR]
# by dandanjunjun | 2017-08-07 23:39 | Comments(0)

セールスマン

e0172635_22301337.jpg

アスガー・ファルハディ監督。
の映画は何気に楽しみにしてる。
楽しい面白い作品ではないけど、文化や宗教観で思いがけない方に話が進んで行くから。
今回のケースは。
明らかに性的屈辱を受けてしまった妻。
しかも発見して病院に運んでくれたのは越したばかりのアパートの隣人たち。
これは国を選ばず乗り越えられるかは夫婦にとっては大きな試練だろう。
この映画でも妻と夫では全く考えが噛み合わない。
そりゃあ無理だ。
どちらにとっても深い深い傷で、忘れることができるのかは神のみぞ知る。
映画でも2人が目を合わせることなく終わってしまった。
果たして2人はこの後どうなるのだろう。
これまでのようなミステリアスな運びはなかったけど、犯人を追い詰める夫の行動には目を離せなかった。
でもいつも、あの時のあの、なんでああしたのか、ほんの少しのことが大きなことにっていうのは感じたね。
[PR]
# by dandanjunjun | 2017-08-06 22:14 | Comments(0)

プロヴァンスの休日

e0172635_00561646.jpg

なんてことはないんだけど。
やっぱりおじいちゃんと孫には頬が緩む。
末っ子のかわいいこと!
いつのまにかうちとけて、繋いだ手におじいちゃんはもうメロメロ。
愛情深いが故に親子はぶつかって。
時間はかかったけど孫のおかげで修復できた。
親にも祖父母にも沢山の過去があって。
孫たちも同じように過去を積み重ねて成長する。
失敗は後悔して、忘れて、忘れなくても乗り越えて、乗り越えられなくても時間が解決してくれる。
プロヴァンスの風景はとても穏やかで素敵だけど、やっぱり田舎なのか祭りが多い。
しょっちゅう祭りでいつも乾杯。

e0172635_00561647.jpg

Iphonケース。
友人から頂きもの。
ツボ。
かわいい。
yes!
[PR]
# by dandanjunjun | 2017-08-06 00:48 | Comments(0)

e0172635_01341102.jpg

心を閉ざした男。
理由は?
現在と過去を行ったり来たりしながら理由が明らかになっていく。
同時に成長していく甥。
小さい頃可愛がっていた甥。
仲の良かった兄。
それでも、どうしても拭えない痛みが。
気持ちが痛くて痛くて。
努力しても頑張っても忘れられない辛い過去。
自分もそうだろうなぁ。
戻したくても時間は戻せない。
自分を許せない。
立ち直ろうとしている妻を責めることはできないし、だけど喜ぶこともできない。
そんな人たちが暮らす港町は美しく静か。

e0172635_01341296.jpg

これは多分台湾かどこかのお買物バック。
安くて丈夫でしかもフォトジェニック。
知り合いが始めたカフェで販売。
何を入れようか。
[PR]
# by dandanjunjun | 2017-08-02 01:23 | Comments(0)