<   2015年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

散歩

e0172635_18115427.jpg

福岡県八女市には古い町家が残っていて、それを保存しようと頑張ってる人たちがいる。
e0172635_18115525.jpg

知り合いの方がドキュメンタリー映画を撮ってDVDにもなったらしい。

落語で何度か行ったけどゆっくりと歩くのは初めて。
まずは美味しいお蕎麦を食べて。
その後はぶらぶら散歩。
するには暑すぎる梅雨の晴れ間。
e0172635_18115522.jpg

土橋市場。
昔はお茶を作る人お茶をら買う人などで賑わった八女の呑み屋街。
今はすっかり静かになってしまったけど、若い人がお店をしてる。
e0172635_18115502.jpg

住むには大変だろうな〜とは思うけど、建物の中はひんやりして落ち着く。
カキ氷を食べたり
e0172635_18115619.jpg

ぐい呑買ったり。
日曜日のお散歩。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-06-28 18:02 | Comments(0)

初めての

e0172635_18484037.jpg

歌舞伎っ。
千秋楽のチケットをいただいたからとのお誘い。
自営業手伝い主婦でよかった。
昼の部。
播州皿屋敷、連獅子、曽根崎心中とど素人にはありがたい演目。
イヤホンも借りたので全部楽しめた。
花道サイドの席で鴈治郎さんの毛穴まで見えた 笑。
中でも連獅子は圧巻。
迫力満点で踊りにもうっとり。
幕間の30分はおしゃべりもお弁当も楽しめる。
年に一回くらいは行きたいな〜。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-06-26 18:41 | Comments(0)

e0172635_21472646.jpg

ちょっとヴィンテージのカボションを見つけて。
チェーンつけただけ。
女の人が立っているのがわかるくらい。
白地に描かれているのが清潔感があって気に入った。
e0172635_21472684.jpg

第一弾も友達が見つけて買っておいてくれた。
知らないうちに第二弾が登場していて。
またまた友達が見つけて買っておいてくれた。
欲しかったバナナをようやく手中に収められた 笑。
小さなタブレット缶にポップなデザインはとても映えて印象的だ。
鮮やかな色が引き立って見入ってしまう。
何に使おうかとか考えてもいなかった。
ただ見えるとこにそれがあれば十分。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-06-25 21:38 | Comments(0)

はるばる

e0172635_22545801.jpg

ヤフオクで何の気なしに落札していたヴィンテージボタン。
取引連絡をしてみたらなんとポーランドから。
ご丁寧なお手紙とのんびり届いた小さなボタン。
ゆっくりと空から来たのか海から来たのか。
今の時代だからこそ嬉しい。
このボタン、いつどこで作られて、今までどこにいたんだろう。
そんなに古いものではないけど、それでもまさか今、日本のこんなとこにいるなんて、本人も驚いてるかも。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-06-19 22:49 | Comments(0)

買った。

e0172635_16222370.jpg

久しぶりに買った。
「megan park」というインドビーズを使ったアクセサリーや洋服のブランド。
色遣いが私の好きな感じだったので。
かなり長いのでぐるぐるして短くしたりブレスにも。
癖で 笑 粒をじっと見て。
使ってるビーズなどを確認。
かの長さを通すと思うだけでうんざりする。
通すだけ・・・と思われるかもしれないけど、一番嫌な作業。
セールだったから買ったけど、本当は労力を考えると正規の値段で買わなきゃ悪いかな。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-06-19 16:15 | Comments(0)

エレファントソング

e0172635_23520349.jpg

ここのところ時間で観る映画が決まる。
週末に予定があるとなかなか映画館に行けない。
1週間2週間と行けないと「この時間なら」と平日息子が帰るまでに観られる映画を。
たまたまこの映画が。
カナダの監督で主演がグザヴィエ・ドラン。
この役を是非自分がと名乗り出たらしい。
なるほどぴったり。
ぼとんどがドラン演じる青年とドクターの会話。
まくし立てる口調で翻弄するドラン。
時にふと子供の様な表情。
不安定な揺らぎなのか、見せかけなのか。
相手だけでなく観客も振り回される。
とても大事な時に電話が。
もちろん音は消しているが、何かあった時の為に画面が明るくなるとわかるようにこっそり座席の端に置いておく。
息子からの非通知着信。
気になるので仕方なく外へ出る。
電話が済み戻ってみたら。
ドランが死んでた。
えーーーっっっ!
さっきまで元気だったのに急変⁉︎
これは辛い。
辛すぎる。
今迄観てきたものは。
映画館の方に「観たら教えてね、なんで死んだのか」とお願いして急いで帰る。
割り切って携帯見ない方がいいんだろうけど逆に気になってしまう気も。
そこまでして観に行くこともないのか。
だけどやっぱり映画館で観たいから仕方ない。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-06-17 23:36 | Comments(0)

クロス

e0172635_17263823.jpg

私にしては繊細な。
ちっちゃいのにちょっとキラッとするクロスが埋まってて。
こんなパーツを見つけたからネックレスに。

毎年思うけど。
期末試験、夏休み前の塾の三者面談。
問題なければ行かなくていいはずの二年生(大それた大学を望んでないし、間違っても言えないし 笑)なのにまた今年も行ってしまった。
夏期講習にバカ高いお金を出して成績が上がるとはもう露ほども期待してないので、さすがに平にお願いしたあとは「息子に任せます」と。
とても上手に40単位くらい受ける生徒さんもいますよって囁かれても、兎に角本人次第だということはわかりきっているので。
前ならさっそく申し込み用紙書いてただろうな 笑。

[PR]
by dandanjunjun | 2015-06-17 17:17 | Comments(0)

JIMI

e0172635_15060215.jpg

栄光への軌跡って。
なんか気がついたら上映してて。
前宣伝とか全然見かけなくて。
帰り際にチラシのコピーだけがあることに気がついた。
ジェームス・ブラウンはバンバン宣伝してるのに。
内容はというと。
66年、67年の2年間だけにスポットを当ててるらしい。
キース・リチャーズの恋人リンダに才能を認められてからデビュー。
そのリンダと、ロンドンで出逢ったキャシーとの関係がメインかと思われる作り方。
私のように音楽に疎い人には見やすいと言えば見やすいけれど。
それにしても2年間とは言え、ブツッと終わってしまって。
なんか不完全燃焼ななんとも言えない後味。
女性関係とは別にもっと彼そのものを観せて欲しかった。
だってどうしてこういう付き合い方になってしまうのか。
「ミュージシャンなんてみんなそうよ」で片付けられちゃあね。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-06-16 14:42 | Comments(0)

加工作品

e0172635_23313776.jpg

サイズ直しとチェーン付けただけ。

e0172635_23441772.jpg

並べてみた。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-06-15 23:29 | Comments(0)

女優好き

e0172635_22145980.jpg

特に年上の女性が好きだと、友人にずっと前に言われて気がついた。
なぜだかいつも年上女性に懐こうとしてしまう。
いずれああなりたいとか、あと何年後、何十年後には少しはましになっているように頑張ろうと思わせてくれる年上女性に目が行ってしまう。
若尾文子さんは雲の上の言ってしまえば架空の方なのでただの観賞用かな。
だけど雑誌の中でも人柄が表れる潔さというのかかっこいい。
ただただ女優しかできないと。
他には何にもいらないってことなのか。
映画が好き、仕事が好き。
そんな自分を受け入れてくれた亡きご主人が好きだったのだろう。
フランス女優とはまた違った日本の女優という生き物は。
近づき過ぎたら怪我をしそうな激しさと、だけどもしかしたら脆いんじゃないかという儚さが混在した類稀な存在であることは所変わっても同じかもしれない。
キラキラと幾つになっても輝き続ける人たち。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-06-15 22:03 | Comments(0)