<   2015年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

アンディ・ウォーホル

e0172635_232275.jpg

知ったのが遅くて。
味覚糖ののど飴。
パッケージにウォーホルのデザイン30種。
特に好きな訳じゃないのにこういうのって集めたくなる。
コンビニに売っていたという情報をいただきコンビニ何軒入ったか 笑。
黙って出られずなんか買わなきゃっていらないもの買ったり。
そしたら友達が「楽天にあったよ〜」と買っておいてくれて。
12缶手に入れて開けたけど。
ない、ない、バナナがない。
だけどこっそりあと6缶頼んである。
バナナありますように 笑。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-04-30 23:15 | Comments(0)

集金旅行

井伏鱒二原作。
中村登監督。
岡田茉莉子と佐田啓二。
他所の子を連れた珍道中が面白い。
岡田茉莉子さんの阿波踊りは必見。
兎に角なんだか良い時代だな〜って思ってしまう。
e0172635_0121426.jpg

詰め込みすぎると息苦しいな。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-04-29 00:03 | Comments(0)

オランダ

e0172635_23234257.jpg

「みんなのアムステルダム国立美術館」
10年かかって改修工事を終えた美術館。
さすがオランダと言えば自転車⁉️
まずは自転車が通る通路が問題なんだと。
国柄の秩序や文化や様々な問題と人の感情とがぶつかり合って何事もなかったかのようにオープンするまでをドキュメンタリーに。
日本の彫像「阿吽」が客観的に凄く格好良く見られ誇らしいと思えた。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-04-26 23:18 | Comments(0)

朝の

e0172635_23471868.jpg

朝の楽しみ。
毎朝ちょっとづつ。
知ってる監督、映画が出てくると思い出しながら、知らない映画が多すぎて途方にくれるけれど、リアルタイムで観ていた方たちを羨ましく思いながらも、これから観る楽しみも。
今日観たのは「波」。
この本でも紹介されていたので。
津島恵子さんたら悪女だわ〜。
波乱の字の如く波が静かに押し寄せる男女の人生が、今観ててもハラハラドキドキしてしまう。
昔々のメロドラマと言ってしまえない、そこには普遍的な人の営みがある。
やっぱり面白い。

完成したので嫁入りした。
e0172635_23472029.jpg

どうやら気に入ってもらえたみたい。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-04-22 23:36 | Comments(0)

年上の

e0172635_215157.jpg

人生初の。
ちょっと大人になった気分。
主婦だとお酒を飲みに行くってそんなに機会があるわけじゃない。
ご飯を食べに行ってお酒を飲みはするけど、サラリーマンが帰りに寄ってお酒を飲む感覚がちょっと羨ましい。
そういうお店にここのところちょくちょく行けるように。
そこにはいつも常連さんたちがいて。
ちょっと年上の女性たち。
いつも私がつけているアクセを気にして下さる。
ちょっと褒めてもらったりして。
つい、よかったら作りましょうかなどと言ってしまったので久しぶりに作ってる。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-04-19 20:57 | Comments(0)

トゥルトゥル

e0172635_23131694.jpg

楽天のお買い物マラソンってたまにある。お試しとか言う送料無料1000円とかがあるとつい。
これもその一つだと思う。
買ったまま忘れてたのは入浴剤。おまけに石鹸と洗顔パックみたいなのが。
あらっ、いいじゃない。
洗顔パックは泥みたいで暫く置いてから洗い流す。スベスベになる。
入浴剤はお湯がトゥルトゥルしてお風呂から出た後もスベスベしっとり。
なので今度は2週間セットみたいなのを。

細々と続けているフランス語。
五年くらいお世話になったフランス人とは思えないほど律儀で真面目な先生は就職が決まり熊本へ。
私のフランス語もここまでかとちょっぴり喜んでたら
「続けよう^ ^」と一緒に頑張って下さっている年上の才女。
私が断われるはずもなく。
律儀で真面目な先生が留学生を紹介して下さった。
なんと20歳!
セシル先生は日本に来てまだ7ヶ月くらい。8月にはフランスに帰るのでそれまでのお付き合いになるのだけど。
日本語はほぼ理解できるし、メールも日本語。早めに来て下準備もきちんとしてる。
見た目は今時の若者でキャミソールからブラが丸見えでこちらがドキドキしてしまう感じ。
なんだけどしっかりしてるな〜って会うたび感じるし、教え方も上手。
大丈夫ですか?ってきちんと確認してくれて「ふくしゅー^ ^」ってしてくれるから自分も反復できる。
息子とあまり変わらない女の子なのに頼もしいな〜って嬉しくなる。
「自転車で行ける海水浴場はありませんか?」って聞かれて、この子はいったいどこまで自転車で行けるのだろうと。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-04-16 21:02 | Comments(0)

セイジ 陸の魚

e0172635_7413545.jpg

それぞれにいろんなものを抱えて生きている。抱える気持ちに蓋をして、ありきたりに生きていける人が社会では普通と呼ばれる。
どうしてもそれができない。
外れてしまう。
外れようともがいても外れられない人も。
主人公の抱える闇は一生つきまとう闇。忘れられないし、忘れたくもないのか。
本当は何かを守りたいのに守れなかった過去が彼の体に染み付いて。
でラスト。
衝撃なんだけど、だけど腑に落ちた。
そうすることが当たり前で、他に道はないと思えるし、行き場のない深すぎる愛なんじゃないか。
新井浩文さんのリーゼントが似合わな過ぎて可笑しい。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-04-16 07:30 | Comments(0)

ピンク

e0172635_121161.jpg

春のニットを買いました。
色が6色くらいあって、もちろんいつもの黒もあったけど、鮮やかなグリーンや黄色よりもなぜだかピンクをつい(・・;)
久しぶりに開けた箱に入っていた買ったままさすがに使えないピンクのヴィンテージネックレス。
まさかと思ったけどやっぱり完璧に同色だった。
どっちも(一緒には無理)身につけてみよう、きっと。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-04-14 11:56 | Comments(0)

プラバン

e0172635_20452236.jpg

e0172635_20452321.jpg

昨日ふらっと立ち寄ったカフェはちょっと山の方にあって。
倉庫みたいな建物を三軒でシェアしてる。
彫刻や絵描きさんがアトリエ(作業場)として利用と、真ん中はカフェと雑貨(シェアしてるアーティスト作品や九州内の陶芸家さんなどの作品)の店とギャラリー。
入ってはみたもののなんだか少し緊張して「持ち帰りできますか?」とコーヒーを注文。
10分かかるというのでその間雑貨を拝見。
錫の箸置きや置物、面白いバックなど見ているだけで楽しい。
ガラスかなと見ていたピアスはプラバンですよと教えてもらい、更に明日ワークショップがあると。
つい「お願いします」と言ってしまう。
昨夜は飲み会でしこたま飲むことが予想されていたにもかかわらず。
でも興味津々。
案の定二日酔いは免れず、なんとか息子を送り出し現場へ急ぐ。
内輪な感じでひょっこり現れたおばさんにも親切に教えて下さる先生。
パワフルだけどきめ細かいサポートで、気がつけば4時間。
結局一番先に失礼したのは5時。
開始は12時。
他の方は何時まで?
参加料は申し訳ないほどで金具までキチンとつけて仕上げて下さった。
変な目線かもしれないけど「プロだな〜」と改めて感じさせる。
クオリティを高くするセンスと手間を惜しまない。
凄く勉強になった。
帰って来てやっぱり疲れていることに気がつく。
っていうか5時間忘れてた二日酔い。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-04-12 20:26 | Comments(0)

女って辛い

e0172635_012262.jpg

前にも観たけど随分忘れてる。
芸者の若尾文子さんはとびきり素敵。
未だにこの芸者さんのシステムがよくわからない。
みずあげ っていうのはお妾さんになること。
イコール旦那を持つ。
結婚ではなく二号さん。
妻になることもあるのかな。
ここのところこういう類のは映画を観てばかりで。
例えば「母と子」渋谷実監督。
本妻に子供が無く、お妾さんが男女一人づつ子供を産み。
息子は跡取だから本宅へ。
娘とお妾さんは別宅で旦那を待つ。
囲った頃は若かったり綺麗だったり。
だけどみんな歳をとる。
男はお金があればもっともっと若い子に。
この映画では若い女は出てこないけど、飽きられてちっとも顔を出さず、挙句に遠くに追いやられるのに、お妾さんは気がつかない。
そんなことない、別荘を買ってくれたと無邪気に喜ぶ。
「お払い箱」はいずれ必ずやってくるのにかわいい女はその時を生きてしまうのか。
もちろんしたたかに計算できる女もいるだろうけど、やっぱりそれでも「奥さんより愛されている」という確信が女を間違えさせるのか。
辛いと思うのはわかってないからで、その女達は幸せに思っていたのかも。
これも一つの日本の文化。
良い時代だとも言える。
フランキー堺ってなんかかっこいい。
顔は大きくて四角くて。
天才で色気がある。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-04-10 23:57 | Comments(0)