<   2014年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

じゃけー

e0172635_11481458.jpg

e0172635_11481697.jpg

e0172635_11481718.jpg

西条という酒蔵の街へ。
山陽本線で広島から30分くらい。
山の中を通ってのんびりと電車で走るのもたまには楽しい。
落語を聴いてからお酒を飲む。
幸せ。
今は九州新幹線ができて、博多の手前佐賀からも新幹線で乗り換えなく1時間20分で広島まで行ってしまえるので日曜日に日帰りで行けちゃう。
帰りは10時くらいの新幹線の時間までお好み焼き食べて、お土産に生もみじを買って。
好調なカープファンが押し寄せる広島駅は真っ赤っか 笑。
良いお天気で暑いくらいだったけど、博多の手前から雨が。
結局一晩降って今朝。
息子が出かける時は止んでいたけど、どんよりした空。
ちょっと待ってとiPhoneの天気を見ると、終日晴れ。
大丈夫もう天気になるよと自転車で出発させて。
よく見たら東京の天気だった。
こっちは一日雨。
あ〜あ 笑。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-05-26 11:33 | Comments(0)

Tシャツ

e0172635_23471645.jpg

古いものでは多分20年近く前のTシャツ。真ん中あたりのパープルのやつ。
首はもう擦れて綻びてる。
だけど捨てられないし、今年もまたきっと着る。
何も考えずに着られるTシャツなんだけれども、ふと鏡に映る自分とTシャツの質感の違いに驚愕する。
洗いざらしのコットンというのは気持ち良くて、その素材だけで成立する主張がある。
反対に人の肌というのは経年の足跡というのか、はっきり言って劣化するもので、その釣り合いは恐らく崩れてしまう。
せめてTシャツを着る時には、できればあまり力を込めて肌の本来の色柄を消さないように、自然に任せた肌にしたいもの。
って言っても限界はあるのだろうけど。
それでも着ていて何のストレスのないTシャツにはやはり手が伸びてしまう。
シルエットや素材の良さというのは大切だけど自分に合わせるのではなく、自分をTシャツに合わせる努力は必要。
そして最近加わった新人。
e0172635_23471914.jpg

やっぱりグレーが多い 笑
Tシャツで大切なのは首と袖の形。
なかなか自分に合うTシャツってないんだけど。
Tシャツと一緒にアクセを買ってみる。
勧める若い店員さんが可愛らしくてつい買ってしまう。
e0172635_23472039.jpg

ターコイズ。
愛と希望ですって。
とりあえずハッピー。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-05-22 23:28 | Comments(0)

ポルノ

e0172635_1155959.jpg
作品名チェリーについて
TSUTAYAのレンタルリストにあったらしく届いたので観てみたら。
今となっては何故リストに入れたのかもわからない。
若くて美しい女の子。
家庭環境には恵まれず、洗濯屋さんでアルバイトをしてお金を家に入れている。
恋人は彼女を褒め讃えるが、確かに透き通るような美しさ。
ヌードのモデルになればと恋人に言われキレるもののお金欲しさにチャレンジ。
恋人には愛想をつかし、友達だという男の子と家出してサンフランシスコへ。
ストリップバーでバイトして、そこで教えてもらったポルノ映画制作会社へ。
この映画なにが言いたいのかさっぱりわからない。
なぜかと言えば、関わる人の描き方が全て中途半端で何も見えてこない。
唯一の友達との絡みも思わせぶりに見せるだけで掘り下げもしない。
多くを語らない映画なら、画面から観ている人が感じとれるものを映してくれないと消化不良で終わってしまう。
レズビアンだろうがストレートだろうが、人と人との繋がりには時間の経過や複雑な感情があるはずなのだけど、おそらくこの映画は身体や行為自体を美しく映すことに重きを置いてるようで。
まあ、借りた私が間違いで。
喜んで観る人もいるだろうし、良い悪いは別として、主人公は綺麗だ。

[PR]
by dandanjunjun | 2014-05-21 10:45 | Comments(0)

逞しく

e0172635_22591441.jpg
作品名雲南の子 三姉妹
父親が出稼ぎに出ている間、家で待つ三人姉妹。母親は行方不明。
隣に親戚はいるからご飯は食べさせてもらえるけど、夜も三人で布団に入る。
雲南って、急発展している中国の中でも特に貧しい地域なんだそう。
だって見るからに高地で寒そう。
砂漠のように寒々しい映像で、厳しい自然も垣間見られる。
小さくても逞しく動物の世話をして家の手伝いをする子供たち。
父親が帰ると子供らしい顔になる。
下の2人の女の子が歌を唄う。
お母さんのうた。
優しいお母さんのうた。
嬉しそうに唄う顔がかわいくて。
父親が連れて来た女性を母親として慕っているようで。
つまり寂しかったんだろう。
お母さんが来てくれてよかった。
貧しい生活の中にポツンと存在するテレビ。
無言でテレビを見ている人たち。
この人たちはテレビ画面に映る映像をどんな風に見ているんだろう。
あんな世界があるのか。
それとも 夢。

[PR]
by dandanjunjun | 2014-05-17 22:27 | Comments(0)

motonari ono

e0172635_23122380.jpg

確か雑誌の「装苑」で見たワンピースがとても素敵だったので、名前で検索したらいくつかヒットした中にヤフオクがあって。去年だったか勢いで落札。
見た目気にいってはいるもののまだ履いてはいない。
今年は履けるかな。
とりあえず眺めながら寝てみよう。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-05-14 23:08 | Comments(0)

ハズレなし

e0172635_11343095.jpg

川島雄三監督の映画は今までどれもハズレなし。
この映画、無茶と言えば無茶なんだけど、なんだかとてもあたたかい。
主人公の思い込みと勢いで、妻、娘、娘婿を亡くし、祖父となって孫娘を育てる。小学校に入学した孫娘の参観で、ぼんやりしている孫娘の代わりに返事をして「この娘は足りんのとちゃうやろか」と不適切な言葉を。
見ていて考えた。
高校生になった息子。
学校の様子がわからないのをいいことに、私はなんとなくお役御免とばかりに悠々と過ごしていた。早起きは別。
担任の先生との面談で息子の様子を聞くまでは。
そりゃそうだ。
そんなに急に変わるはずがない。
言われることはほぼ中学の時のまま。
一つ違うと言えば、「努力はしているようです」
そこで簡単なテストのようなものを。
人には得手不得手があるので、潜在的なものを浮き彫りにして、今後の力の入れどころを明確にしてみましょう。
心の中で、この映画の主人公のセリフが。
物事の組み立てだとか、優先順位がつけにくい。
二つ三つのことを並行してできない。
先生曰く 個性 の範囲ですと。
逆に得意なこともわかるので伸ばしやすくもなる。
そう聞いてお願いしてみたものの、息子は強く「NO」。
どうしようかと思っていたら、先生から話され直接「NO」と言ったらしい。
私からしたら、頑固(意固地)なところは相変わらずなんだけど、付き合いの浅い担任に向かって、そこまではっきりと自己主張したというのが驚きで。
そこだけは成長したんじゃないかと馬鹿な親なんだけど。
何かにつけ気になるのは、自分の悪いとこ似てるな〜って。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-05-14 10:49 | Comments(0)

日々

大雨。
こんなに降ったの久しぶり。
昨日は用事なし日曜日だったのでいそいそと映画館へ。
「処女が見た」。
シネマクラッシックスという企画は選者が面白いせいか魅力的なラインナップにもかかわらず、タイミングが悪くことごとく見逃していたけれど、「月曜日のユカ」を観て、この若尾文子さんの「処女が見た」は絶対観たかった。
これは人気なのか二週間上映。
三隅研次監督。
堪らなく面白い。
なにがどうって。
まずはタイトル。
「家政婦は見た」みたいで勘違いするけどそうじゃない。
世間に馴染めない不良少女が心を開く清らかな尼さんが俗物坊主の手にかかり罪を背負って苦し無のだけど、本能に従い結婚を迫る。
あっさり窘められ苦しむ尼さんは自ら命を断ち、それを知った不良少女が復讐。
痛快。
その切り替えのテンポの良さが良いし、不良少女と尼さんの関わりがシリアスなのかコメディなのか微妙で面白い。
危うい同性愛かはたまたお姉様と妹、じゃなかったら崇拝する仏様か。
車のシーンはヒッチコックの「めまい」かと。違ったかな?
e0172635_21514924.jpg


先週は木曜日、金曜日と落語。
木曜日は佐賀で。
そりゃもう街の至る所にポスター貼って、宣伝カーみたいなのも走ってたのに、前日まだチケット残ってたから買ってみた。
e0172635_21514963.jpg

「笑点」メンバーなら、チケットも売れると聞いていたのに、この街ではそうでもないらしい。
7割入ってたかな〜。
私もちょっと遅れて入って席を指定してもらったけど、もっと前が空いてたから座ってしまった。
前座さん、弟弟子さんのあと昇太師匠。
期待してた新作が聴けなくて残念だった。
あまり馴染みのない土地での高座なら新作は難しい。
わかりやすく受けやすい古典が妥当だろう。
翌日はいつもの久留米。
打ち上げ、二次会で帰ったのは何時だたか? 笑。
が、しかし翌日は5時半に起きてお弁当。
しかも個人面談、授業参観、PTA総会、クラス懇談会でヘトヘト。
その夜は知らない間に寝てた。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-05-12 21:14 | Comments(0)

ピンク

e0172635_1823142.jpg

おそらく。
自分のお金で初めて買ってくれた。
母の日。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-05-11 18:00 | Comments(0)

古い物

今日は隣県のお寺へおじゃました。
e0172635_2392324.jpg

e0172635_239246.jpg

e0172635_2392536.jpg

e0172635_2392622.jpg

門は江戸時代から。
繊細な欄間、気が遠くなる数の障子、掛軸に陶器。
どれも素晴らしいのだけれど。
なにが一番かって言うと、そこを吹き抜ける風。
なんとも気持ちが良い。
そしていただいた特産であるセロリのお漬物。
美味しかった〜。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-05-08 23:03 | Comments(0)

無理かも

e0172635_11394572.jpg

販売ソフトを消費税改正に伴い変更。
登録からつまづき購入して早何日?
一向に進まない。
やる気ない。
マニュアル読みたくない。
けど読まないと進まない。
ない、ない、ない・・・。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-05-07 11:37 | Comments(2)