<   2014年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

8%

今日までで息子に関わる雑事を済ませ、ちょうど月末で仕事もなんとか支払いを済ませ、という解放感溢れる日にたまたま息子も不在。
が、せっかくの良き日に友達は仕事が終わらないので飲みにも行けず。
そういえば肩凝ってるしマッサージへ。
マッサージの目の前には街一番のショッピングモール。
8時を過ぎているのにほぼ満車。
春休みだからかなと。
マッサージで身体がほぐれたので、発砲酒を買いにその目の前のショッピングモールへ。
まだざわざわと店の中。
なんとなく洋服屋さんをブラブラしてちょこっとお買い物をしたら、増税前ですからね〜なんて店員さん。
私たちのような小銭しか使わない者には5%だろうと8%だろうと大した違いはない。
それよりずっと前から3月末には車検が切れて廃車寸前の車に乗りながら全く準備をしてない私は自分にとっては10年に一度の大物買いにもかかわらず、まんまと増税後に購入という失態を犯している。
そんな私が今更何十円、何百円の為にわざわざ買い物するなんてちゃんちゃらおかしい。
そんなわけで、思いがけず増税前に買ってしまったもの。
e0172635_224933.jpg

客寄せのためかポイント5倍という今日は1000円の金券なんかもらってちょっと得した気分なのはどうしたことか。
人のお金に対する感覚はそれぞれ違って面白い。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-03-31 22:34 | Comments(0)

まさかショーン・ペン

e0172635_1953933.jpg
作品名LIFE
映画館で予告を見てから観たいと思っていたこの映画。
たまたま息子も観たいと言ったので今朝頑張って行って来た。
春休みということでごった返している朝の映画館。
この映画に関してはガラッとしてたけど。
そのガラッとがもったいない!
ハリウッドのアクション映画をあまり見ていないせいかもしれないけど、壮大な自然の中で人がそれに立ち向かう姿は清々しいし、ベン・スティラー独特の笑いは随所にちりばめられてクスクス笑えるし。
シャーリー・マクレーンが出て来たと思えばショーン・ペン!
真面目にキチンと生きて来た主人公が思いきって人生に踏み出す様は嬉しくてドキドキする。
さて「面白かったね〜」と言った息子はどんな風にこの映画を観たのかは聞かないでおこっと。

[PR]
by dandanjunjun | 2014-03-30 19:40 | Comments(0)

血の繋がらない父子

e0172635_20145985.jpg
作品名より良き人生
セドリック・カーン。
ふと知り合った男女。
彼女には9歳の息子が。
自然と打ち解けて仲の良い3人。
良い時は良い。
森の中の物件を見つけ、レストランをしたいと奔走するが。
お金がなくて八方塞がり。
彼女はカナダへ収入の多い仕事の為に息子を置いて。
彼とは喧嘩別れしていたものの息子を託す。
その点信用ができる男ではあったし、連れてはいけないので、すぐに呼び寄せる約束で。
彼女からの連絡は途切れ、レストランは更に遠くなり。
どん底のどんずまり。
それでも男は子供を投げ出さない。
産んだ息子を投げ出さないのは当たり前。この数ヶ月投げ出したいと思ったことも産んだことを後悔したこともないけど、初めて戸惑ってしまった母親から見ると、なんと情の深い男だろうと。
男は里親に育てられていた。
注がれなかったからこそ芽生えた情なのかもしれない。
目の前にいる得体の知れない子供に、時には怒りをぶつけるのだけれど、いつも自然と目線を合わせている。
自分が不完全な子供なのかもしれない。
けど、母親に会えない寂しさを理解し子供を守る。
と言っても結局陥れられた男を襲い、全てを投げ出し子供を連れて母親を探しに。
ここからもう一波乱あるもののなんとか持ち堪えるラスト。
どうなることかとハラハラしてたから先はわからないけどとりあえずOK。
男同士の関わりは危なっかしくて愛おしい。


[PR]
by dandanjunjun | 2014-03-29 19:30 | Comments(0)

アレクサンダー・ペイン

e0172635_18372857.jpg
作品名アバウトシュミット
息子の進路がようやく決まり、諸手続きに四苦八苦な中、いつもお世話になっている車屋さんから電話。「もうすぐ車検ですけどどうしますか?」
どうもこうも今の車、車検を通して修理してタイヤ替えて、おそらく70万くらいかけないとまともに乗れませんから廃車はやむ負えない状況。
消費税UPということで駆け込み消費?
3月中に納車できる車はありません
と近くのディーラーでピシッと言われ諦めてたけど、車がないと困る田舎暮らし。
慌てて買いに行ったらハイブリッドじゃなきゃあるよって。
計算してもらったら、私は一年に1万キロちょっと走る。
ハイブリッド車の車体価格とガソリン車の車体価格の差をガソリン代で換算するとちょうど10年でトントン。
もちろん原油価格が上がったりするから変動はあるけど、私の場合待ったなし 笑。
なのでサクッと契約。
車検切れギリギリ間に合いそうです。

息子に ゲオ に連れてけと。
なんとマンガ20冊レンタル1000えん。安いの?高いの?
って言うか読む時間あるの?
と思いながら自分のDVDを探す。
「ネブラスカ」を観てからもう一度観たかったアバウトシュミット。
そうか、ジューン婆ちゃんは奥さんだった!しかもあっという間に死んでた。
今夜は続きを観るのが楽しみで、早く家に帰りたい。

[PR]
by dandanjunjun | 2014-03-28 16:15 | Comments(0)

e0172635_21281649.jpg

桜がもうすぐ満開に。
今日まで桜を見る余裕もなく。
これは覚書として。
うちの息子、受験数は学校一かも 笑。
私立4校、県立3校。
県立2校落ちた時点で私立に行くという選択が当たり前と思っていたら。
どうしても県立を諦めきれない息子が2次試験を受けたいと。
と言っても2次募集をする学校は少ない。うちから通える学校は募集がなかったので諦めるかと思っていたら。
うちが福岡よりの端っこだとすると、長崎よりの端っこの学校を受けると言い出し。
何時間も、いや何日も話し合い、いや言い争った結果とりあえず受験することに。
受かるはずのない学校。
偏差値から言って本来受けられない学校。
少子化と過疎化のおかげで、志望者が息子以外いなかった 笑。
6日前までは想像もしていなかった学校に通うことになった。
この一年、なんとなく受験というものに向き合って準備してきたようで、とどのつまり全く予想していなかった結果になったという訳だ。
息子が何を考え何を望んでいたか。
おそらく残念ながら深く考えてはいなかったと思う。
母親である私も 「わからない」というのが先に立って、できる限り最善と思われる選択しかできなかったから、結果を受け止める事からのスタートだと思っている。
幸い何もない田舎町の中で、創立120周年を迎えようとしている学校は、どう見ても質実剛健という趣き。
馴染まなければ置いて行かれると肝に命じて親子で真摯に立ち向かわなければ 笑。
今までのようにはいかないよ と息子に言いながら自分に言い聞かせている次第。
とりあえず毎日お弁当を作って6時半に出発させなければ。
同じ日本国内でも県によって様々だということもわかった。
息子の同級生は県立に落ちて日本の学校のロンドン校に行くそう。
それぞれの小さな旅たち。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-03-26 20:29 | Comments(0)

あと何回

e0172635_730265.jpg

いつもはアイロンかけないけど今日は特別。
ボタンがとれてる。
しかも2箇所も。
何回ポケット縫っただろう。
インクの染みはとれないし。
入学してから20センチ近く身長が伸びたから、ブレザーもスボンも途中で買い替えた。
随分大きめを買ったのに。
ブレザーはぱっくり背中を破って帰って来たから慌てて縫って、翌日買いに行ったし。
ズボンは買い換えてもまたいっぱいに裾を出し。
やっとお別れ。
あと2、3日かな。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-03-25 07:24 | Comments(0)

先生

e0172635_062396.jpg


息子の担任の先生からDVDをいただいた。
先生が一年間撮りためた写真を音楽と共にDVDに収めて下さっている。
これとは別に三年間の学年全体のDVDも学年主任の先生が作ってくれている。
それにしても半端ない写真の量に驚く。
熱心な先生だとは思っていたけど。
息子は2年、3年と2年間お世話になった。
噂では色々聞くが本当のところクラス割りの内情はわからないけど、2年の時も相当お世話になり 笑 根気強く面倒を見て下さったので、できれば来年も先生のクラスにして欲しいとは言ってみたが、それで3年も受け持ってもらえたのかは定かではない。
でも息子には厳しくうるさい先生であったようで、その上仲の良い友達とはほとんど別のクラスになってしまいしばらくは不貞腐れていた。
覗けばいつも違うクラスにいて、やはり友達がいないのが寂しいのかとは思っていたが、今朝歩きながら先生の話になって、上辺ではない先生の良さを卒業して改めて気がついたようだった。
今の時代、それでも厳しさが足りないと不満に思うこともある。
それが親の方に問題があることもよくわかった。
きっちりと窘めてくれずに子供の意思を尊重する姿勢が逃げなのかとも思う。
それもやはり今の時代だからこそ。
無難に事を収めようとする体制は揺るぎがない。
こんなにも守られた環境から子供たちは新たな場所へそれぞれが散っていく。
既にその気配に尻込みしている子や、希望に胸を膨らませてる子。
うちの息子は・・・まだ何も気がついてないみたい。
それにしても最初の息子のアップは。
見事に寝てる 笑。
どう見ても授業中。
授業参観の時も寝てたっけ。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-03-20 23:46 | Comments(0)

終わりある旅

e0172635_1743280.jpg

終わったと思っていた息子の受験がまだ続いています。
が、とりあえず入学予定の高校のクラス編成テストに付き添い。
まだ慣れないので当たり前について行ったら、あらっ。
今日は親は見かけない。
もともと見送ったら終わるまで自由時間だと思ってたから、こそこそ引き返す 笑。
自由時間は観たかったアレクサンダー・ペイン監督の「ネブラスカ」。
やっぱり好きだ。
ゆっくりとした時間が流れる。
ゆっくりゆっくり年老いた父親が見えてくる。
この監督の映画、脇の女性もキラッと光る。
うるさい母親がとびきり可笑しい。
最後に眠る父親の頬にチュッてするのがなんともかわいらしく、さっきまでのばあさんは何処へ 笑。
つかの間の自由時間を堪能して、今日は急いで帰らないといけないのでお弁当を買いに行こうとして、ふと目についてしまった。
久しぶりにピアスを買った。
ご褒美は誰からも貰えないし、貰う手柄もたててないけど、この色かわいいから持って帰る。
e0172635_1743351.jpg

「映画観てたんだ。」息子。
同時に言った。
「LIFE観たいね!」
お友達と行かなかったらご一緒しましょう。
予告で観たら是非映画館のスクリーンで観たくなった。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-03-20 16:28 | Comments(0)

寄り道

e0172635_23193832.jpg

謝恩会の買い物をしようとしたら通り道に100均があったので寄り道。
楽しい。
なんで、どうしてこれが100円なのかと感激しても、後で考えるとそうでもないような気も。
この紫のフレーム。
かわいい!って買ったけど、何に使う?笑。
まあ、ちょっと手を加えたら素晴らしく素敵なものになる、いやしてみせる。
便利なものも買えて、寄り道のわりに満足なお買い物。

本日は春らしい暖かい日でめでたく卒業。
小学校の卒業式は自分でも可笑しいくらい泣いてしまったけど、今日はあっさり。
お世話になった先生の顔を見てほろっときたけど、とにかくやっとという思いが強くほっとした感じ。
逞しく大きくなった子供たちの姿を見るのは楽しくて、涙より笑顔の卒業式だった。
それに進路が決まってないからまだスッキリ卒業って感じじゃない。
全部終わってからの卒業式っていうわけにはいかないのかなぁ。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-03-17 23:05 | Comments(0)

卒業式

e0172635_21521838.jpg
e0172635_21521927.jpg
今日は汗ばむ暖かさ。
朝から息子を送ったり、謝恩会に必要なもの(簡単に引き受けてしまったけど探すのに苦労して、買うのもあちこち走り回るはめに)を買うため開店10時まで時間を潰し、ようやく手に入れてほっと一息。
そのあと4時まで用事をこなし、急いで明日の卒業式に着る服を買いに。
無茶だ。
なんでこうなってしまったのか。
と、考えてる暇はないので、とりあえず適当に回ったけど収穫なし。
ワンピースを何着か試着させてもらっても、やっぱり卒入学用と思うと欲しくもないものを買うようで。
お店の人が「そんなこと言ってる場合?」って顔をしてる 笑。
なんかそれっぽいものは着たくないけど、あんまりラフでも失礼だし。
一応イメージとしてはトラッドっぽいものが浮かんでいたので、エレガントなワンピースがしっくりこないのかも。
一着だけ見かけた紺ブレはちょっとコンパクト過ぎるかと思っていたけど、最後と思って行った店に合うかもというパンツを発見。実はウールだけど薄手でさらっとしてるので春秋物大丈夫と。
なのでそれを買って振り出しの店に戻ってブレザーを買うという離れ技 笑。
インナーには、何も買わず申し訳なかった店でたまたま気に言って買ったカットソーがなぜか合うみたいだから着てみようか。
とにかく今から裾上げを自分でやってみる。
そうそうこの靴は、15年以上前に行ったイタリアで買ったんじゃないか。

[PR]
by dandanjunjun | 2014-03-16 21:36 | Comments(3)