<   2014年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

家族

e0172635_16552147.jpg
作品名ある精肉店のはなし
これは書いておきたかった。
日曜日、「アイム・ソー・エキサイティング」を観るつもりでタイムテーブルを調べたら都合良く引き続きこの映画を見られることに気がつく。
チラシを見てはいたんだけど、タイトルからして韓国か中国のちょっと怖い人肉系 笑 かと思っていたら。
軽い気持ちで見てはいけないような内容で一瞬怯んだけれど是非とも観たくなった。
前日友人がフェイスブックで、長蛇の列で残念ながら見られなかったと記事をUP。
どうやら土日の2日間は監督とカメラマンの舞台挨拶があるということらしくお客さんが押し寄せている。
恥ずかしながら私はこの映画について何も知らなかったので驚くばかり。
当日、アルモドバル映画に入場の際、チケットを買って整理券をもらっても並べなかったら観られないのか聞いてみると、エンドロールを観ずに出て来て番号の所に入れてもらえば間に合うとのこと。
言われたとおりに出て列に割り込ませてもらい無事入場。
補助イス含めて満席。
映画はおもむろに始まりちょっとぎこちない監督の声のナレーションが聞こえてくる。
開始から何分たっただろう、とにかく間もなくいきなり牛の眉間にハンマーが突き刺さる。
前に観た映画では大きな工場で流れ作業の様に牛が屠殺されていった。
この映画では、競りでも始まるようなザワザワした活気の中でいきなり屠殺が始まる。
こんな風に家族で牛の飼育から小売まで全てをこなすことは珍しいらしい。
とは言え、その屠殺について何も知らなかった私には珍しいのかどうかもわからなかった。
この映画は殺される牛についての映画ではなく、代々牛を屠殺することを生業にしてきた家族のはなしだった。
それは彼らの先祖の選択ではなく、そうすることを強いられそこから抜け出せない制度の中で生きてきた人たち。
現代に生きる三人の兄弟とその家族は、差別や偏見をなくすためこの映画の出演を了承したのだ。
凄い勇気と強さを持った家族。
なのに画面に映る彼らのなんとおおらかで優しさに満ちた顔。
尖ったところは見当たらない。
いつも家族で助け合い人生を楽しんでいるように見える。
当たり前に生きるっていうことが素晴らしいと思える。
父親の姿を思い浮かべ、人を裏切らず正直に生きることを守り続ける兄弟。
苦労がなかったはずはない。
今だって辛いことがあるはずだ。
だけど当たり前に家族は前を向いている。新しい家族が増え、子供達は成長して、親たちを見てまっすぐに育っていく。
舞台挨拶で監督が話していた。
「脅しではない」
牛を屠殺する場面を見ても残酷だとか怖いとは感じなかった。
私たちが食べるためにこういうことをしてくれてる人達がいたことに気付かされた。
こういうことがこの国にあった。
今でも残るものがある。
知らなければいけないし、正しいことを伝えていかなければならない。
そういう意味で考えさせられる映画ではあるのだけれど。
それよりもこの家族の姿に励まされれような暖かい映画だったこと。
それを作った監督とスタッフの素晴らしさ。
映画の途中、舞台挨拶の途中で涙が出るんだけど、何の涙かわからない。
なんで泣けるのか意味は沢山あるんだろうけど、とにかく胸が熱くなって。
現在は単館上映で全国を巡回中。
福岡は当初の予定より延長上映が決まり2月の上旬まで観られる。
その後の予定は知らないけど、是非多くの人に観てもらいたい映画。
知らなかった監督の前作も観てみたい。

[PR]
by dandanjunjun | 2014-01-28 15:53 | Comments(0)

しかたない

e0172635_229397.jpg

アルモドバル監督の「アイム・ソー・エキサイティング」。
今朝は9時から作業をしてから電車で博多へ。
この映画の前売り券を買っていたので。
どうなんだろう。
映画監督にはピークというものがあるのだろうか。
それがあるのだとしたら、監督のピークは既に越えてしまったのか。
ピークというものは一度だけじゃないかもしれないから、次のピークまで待つことにする。
小技は効いている。
キャラクターは面白い。
なのに胸が高鳴らない。
ストーリーの奇抜さや色遣いの素晴らしさ、愛すべき登場人物、それ以外にも好きな要素が沢山ある監督の映画。
その中でも「シルビアの憂鬱」という映画は思うようにならない人生の中でもがく人たちを決して明るくないユーモアをちりばめて映した大好きな映画だった。
そこには人生があり、人が生きてる実感を観ている私も感じることができた。
ここ数年、数本の映画にその昂ぶる生を感じるられない。
単に面白い映画は作っているし、話題にもなっているのに後に残るものがない。
好きだからこそそれが悲しい。
悲しくてもやっぱり好きだ。
だからこれからも観続ける。
見る度がっかりしたとしても最後まで観続ける。
またいつかきっとドキドキする映画を作ってくれるはずだから。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-01-26 21:49 | Comments(0)

カルトムービー

e0172635_22572486.jpg

e0172635_22572593.jpg

e0172635_22572596.jpg

レンタルDVDを返しに行って、帰りに買ってしまったこの本。
154本の日本映画。
タイトル見ているだけで面白い。
ジャンルを問わず 面白い映画 。
私が観てるのは数本だけど、面白い!と思ったのが入ってる。
少しづつ探してみよう。

久しぶりに九州国立博物館へ。
「狂言と落語」。
落語のネタを狂言で。
当たり前だけど一人じゃない。
テンポも違うし、笑うとこも微妙に違うんだけど、初めて観た狂言の動きに興味が湧いた。
伝統芸能を通して日本の良さを知ることができる。
まだ知るとこまでは到達していないから、これからぼちぼち知っていきたい。
一緒に行ったお友達に頂いた「鬼瓦最中」。
太宰府天満宮の参道にあるお店のものらしい。
実は最中苦手。
でもせっかくだから頂いてみると・・・。
あら、美味しい!
粒あんの粒が好きだし、甘さ控えめ。
最中って美味しいんだ。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-01-22 22:46 | Comments(0)

時が過ぎて

e0172635_2314223.jpg
作品名ビフォア・ミッドナイト
うっかりしてた。
2作目で終わったとばかり。
予習の為2作目を観てみたら、確かに含ませた終わり方。
なるほどそうなったのか。
ドラマチックな出会いとロマンチックな再会。
こういうものは幻として心の中にいつまでも残るが、ただそれだけの方が美しい。
しかし、これは強引にも現実に持って行ってしまった。
確かにどちらか片方でも足を踏み出せばそれはあっという間に幻ではなくなる。
面白いと思うのはそういうことは紙一重でどうにでも転がっていく。
当たり前のことなんだけど、すれ違った過去が存在するといつもそこにすれ違う危険が孕みそうな気がしてしまう。
勢いで行ってしまった時よりもより慎重になるような。
運命の出会いって存在するのか。
混じり合わなければそれは持ち堪えられるかもしれない。
だけど、生活というものがそれを色褪せたものにしてしまうんじゃないかと。
まだ上映中なのであまりしゃべっちゃいけないけど、とにかく相変わらず2人はしゃべる。
だけど聞いていてちっとも飽きない。
2人の言いたいことにいちいち頷く自分がいる。
同じ世代のせいもあるのか、2人の求めるものがなんとなく理解できる。
相手に対する要求とか、今の自分の位置だとか、いろんなことに迷っている。
もうすっかり出来上がっているはずの自分なんだけど、時々子供のように些細なことに躓き迷う。
それでも確かなものがあるってことになかなか気がつかない。
一生懸命作り上げているものが目に見えるもの、目に見えないもの、どちらか一つくらいはあるんじゃないかということを少し感じた。
手放したくないと思ったものは、間違いなくいつまでも大切なもの。

[PR]
by dandanjunjun | 2014-01-19 22:46 | Comments(0)

かわいい女

e0172635_235558.jpg
作品名蜘蛛女のキス
考えたら、男らしい男と言えるウィリアム・ハート。
最初のシーンで頭にターバンのように布を巻きつけ映画のシーンを再現しながら、すね毛だらけの足をピィーンと伸ばす。
げっ、いただけない 笑。
って思いながら観ていると、どんどん不思議なことに画面には可愛らしい女が。
裏切っていたはずなのに、嫌われてたはずなのに、いつの間にかお互いに近づき始める。
切ない終わりを迎えるんだけど、その純愛と言える儚い愛がなんとも愛おしい。
観たかった映画がようやく観られた。
やっぱり良い映画だと思う。
返す前にもう一度観る。

[PR]
by dandanjunjun | 2014-01-17 23:45 | Comments(0)

バベットの晩餐会

e0172635_1465327.jpg
作品名バベットの晩餐会
こうして少しづつ待たれていたものが出てくる。
「バベットの晩餐会」
観られないと思うと余計観たくなるのが人ってもので。
だけど買うには高いから諦めてたら。
他に観たいものがあってTSUTAYAに。
この他にも発掘良品コーナーには懐かしい作品が並んでた。
さて内容。
敬虔な宗教者である父親の元で育った2人の美しい姉妹。
静かに静かに暮らしていても、その美しさに男たちは魅了される。
それは悪ではないのだけれど、姉妹には選択がない。
ある日フランスから逃れて女性が一人やってくる。
彼女は生き生きと食事の世話をする。
材料費を切り詰めながらも楽しそうに料理をする。
と言ってもこの映画、どこかにインパクトを与えるということを感じない。
だらっと静かに淡々と時が過ぎて行くのを追いかけるよう。
宝くじが当たるというのが面白いが、そのお金でフランス人女性が晩餐会を開く。
食べるということは特別なことじゃない。
だけど、作る様子、食べる様子、その美味しそうな食べ物、咀嚼する口元、目尻が下がるうっとりした表情。そんなものが人の心を大きく開かせてしまう。
行き着くところにたどり着いたようにエンディングを静かに迎える。

[PR]
by dandanjunjun | 2014-01-16 13:44 | Comments(0)

e0172635_9315592.jpg

e0172635_931575.jpg

マッサージで凝ってますねと言われる時に必ず言われるのは
「下を向く事が多いのでは」。
私の場合、仕事の内容は店番と売り上げの入力。
小さな小売店の売り上げ入力がそれ程多くの時間を費やすものではない。
手芸は少し目も使うし下を向く。
でも考えてみると、女性は下を向く事が多いような。
料理する時なんかはほぼ手元である下を向いている。
結局、それ以上にまっすぐ前を、もしくはやや上を向いて歩いたり動くことが改善策なんだろう。
暮れから続いている頭痛はスッキリは治ってないけれど、毎日ゆっくり首を動かすようにしていたら随分良くなってきた。
ずっと肩、肩と考えていたけど、今回それが首から伝わっていることに気がついて、そう思って首を動かしてみると、上を向くだけで、ずっと下のほうまで繋がって痛みがあることがわかり驚いた。
身体って今更ながら連動してるんだなあと。
寒くてカチコチの身体だけど、ゆっくり全身を動かしてあげないと。
それにしてもミシミシする 笑。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-01-09 09:19 | Comments(0)

インド映画

e0172635_17461251.jpg
作品名きっとうまくいく
踊るマハラジャ とか 笑。
パターンが決まっていた一昔前。
この映画、テンポが良いのに3時間弱。
長いとは思ったけど、終わってみると丁度良い。
派手な衣装で踊るミュージカルシーンはちゃんとあり、勧善懲悪も健在で。
ベタな笑と涙もたっぷり。
どこか懐かしい気もする。
主人公は全然かっこ良くない。
これだけ並べると特に前と変わらない?とも思うけど、何故か新鮮に面白く感じる。
今だから、敢えてシンプルな分かり易さがすっと入ってくるのか。
でも構成が良いのか飽きることなく話の先が観たくなる。
「きっとうまくいく」
なによりこの言葉が気持ち良い。

[PR]
by dandanjunjun | 2014-01-08 17:37 | Comments(0)

生きてるかぎり

e0172635_1458471.jpg

うちの桃は春になると13歳。
人間で言えば既に老年。
最近皮膚にできものができたりして、薬だけはちょこちょこお世話になる。
が、食欲は十分あるし(ありすぎてボケたかと)なんと進歩している。
去年から玄関とリビングの境の引き戸を鼻先で開けられるようになった。
中で私たちが何か食べたりすると、すっと戸が開く。
寒いだとか、寂しいだとかで常に開いた状態で、たたでさえ隙間の多い我が家は今年の冬は寒くて皆不機嫌。
でも閉めた途端にすぐ開けられる 笑。

もう一つ。
果物はリンゴくらいしか食べなかった桃が。
急に蜜柑を食べ出した。
しかもキャッチする。
面白くてあげ過ぎてしまう。
おそらく飲み込んでる。
もうそろそろお別れかなと思っていたのに、生き生きと新しい事にチャレンジする桃に今後も目が離せない。

因みに主食はパンだし、散歩も連れていかないし、どうやら可愛がっていると思っていたのは私だけで、昨今のペットの中では恵まれた環境とは言えない中で育っている。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-01-07 14:46 | Comments(4)

いくつになっても

e0172635_13215565.jpg

「SALE」とか、「付録」につられてしまう。
さすがに若い頃のように、安いから買っておこうはなくなったし、長く使えないものは買わないよう心掛けるようには少しなったつもり。
最近は雑誌も極力買うのを控えるように。
読みたい雑誌も少ないし、買っても読むところがなかったり。
付録だってゴミになるだけ。
付録を充実させようとすると、結局中身が薄っぺらくなってしまう感じは否めない。
付録をつけないで雑誌の中身で勝負しともらいたいものだ。
と偉そうに言ってはみたものの、つい。
クルチアーニブレスがついてる。
買おうとは思わないけど付録なら 笑。
だって他のブレスと重ねてつけたらきっとかわいいはず。
ハートの赤はちと苦しいが、まあ自分では買わないチョイスもまたいいんじゃないか。
[PR]
by dandanjunjun | 2014-01-06 13:12 | Comments(2)