公衆電話

私でさえ携帯を持って14年。
それ以前はいったいどうしていたのだろうというくらい手放せない存在になったけど、ほんとはどうだろう。
例えばこの前福岡に一人で出かけた日曜日、途中でiphoneがフリーズ。
押してもうんともすんとも言わない。
駅から家までが少し遠いので迎えに来てもらうため乗り換えの駅から公衆電話で自宅へ。
いったいいくらかかるかわからなかったので10円玉を何個か入れたけど、「〇〇時に〇〇駅に来てってお父さんに伝えて」だけなら10円ですんだ。
私のような仕事やプライベートでそれほどコミュニケーションを必要としない人には、携帯がなくてもあんまり困らないんだと、変に納得した(笑)。
でも若い人たちは違うだろう。
ママ友(?)に聞いた話では、男の子と女の子、お付き合いを始めるのがメールで。
所謂「告る」ってやつをメールでしてしまい、
更に1日、2日で「別れる」のもメールで(笑)
まだ「つきあう」という内容よりは、その言葉の響きだけに興味があるのかも。
でももう少し上の、ちょっと大人の階段登りかけくらいの子達だって、携帯メールは欠かせない恋愛必須アイテムだろう。
そんな青春時代(笑)を送った世代には懐かしい映画。
e0172635_1122583.jpg

ヴァンサン・ランドンも若い(設定は28歳)
「ラ・ブーム」で成功したチームが続いて作った映画だけあって、ソフィー・マルソーも魅力いっぱい。
公衆電話で小銭がなくなりそうになったり、共同の電話をイライラして待ったり。
距離のあるふたりを唯一繋ぐ電話。
「会えない時間が~」って本当だな~(笑)
こういう盛り上がりって今はないのかな。
だとしたら妄想の少ない今の子達。
盛り上げる小道具は?
[PR]
by dandanjunjun | 2012-06-28 11:31 | 映画 | Comments(0)

軽い衝撃

軽いというのは、「たいしたことない」という意味じゃなく。
段々じんわり・・・だけど気がついたら案外大きく揺さぶられていた・・・みたいな(笑)
失敗したな~と思いながら観始めたこの映画。
若い二人。
ちょっと悲しそう。
なんで借りちゃったんだろ?

ところがどっこい始って直ぐにそんなこと忘れた。
まず男の子。(デニス・ホッパーの息子?知らなかった)
なんか「ハロルドとモード」を思い出す。
そして、女の子。
若い頃のミア・ファローかグィネス・パルトロウみたい。
衣装は古着なのかどれもとてもかわいい。
くすぐったい若い二人のお話ではあるけれどそれだけじゃない。
きちんと響くものがある。
素晴らしい映画だと思う。

観てよかった。
加瀬亮も良かった。
こういう形で日本人俳優を使ったのもなんだか嬉しい。

先生が帰って来て授業再開。
フランスはとても寒かった模様。
e0172635_11502272.jpg

お土産を頂いた。
1粒噛む度にコーヒーの香りが拡がって美味しい。

e0172635_1151589.jpg

ビーズの大きさのバランスが悪いし、糸の色がダメ。
やり直しだ。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-06-26 11:53 | 映画 | Comments(0)

初!手芸レッスン

というほど大袈裟なものではないのですが(全3回)、先生はとても素敵な帽子作家の方。
穏やかで気さくな印象の先生はお話も滑らかで心地良い。
家庭科の授業以外に裁縫など習った経験はないので、
生地の見方や、選び方などちょこっと教えてくださるのがすごく新鮮で楽しい。
「玉止め」も教わりました(笑)
2時間ちょっとかかって完成したのは
e0172635_11402178.jpg

このコサージュ。
こんな生地だとこうなるとか、ボリュームを出すには・・・とかそんなことを教わりながらおしゃべりしながらの楽しい時間はほんとにあっという間で。
芯の付け方、ピンの付け方糸の留め方など、難しくはないけど教えてもらわなければ知らないことを教わるのって嬉しい。
次回は「ヘッドドレス」を教わります。
えっ?あんた頭に何つける気?なんて思ってる人がいるかも(笑)
まあ確かに私の頭に何かをつけるのはちょっとやばいかも知れませんが。
いろんな使い方ができるアクセらしいので是非挑戦してみます。

e0172635_11503365.jpg

寅さん何を思ったか北海道で酪農の仕事をする。
その様子を知らせる手紙が笑える(笑)
寅さんて、さくらあっての寅さんだとつくずく思う。
もちろんおいちゃんおばちゃんもだけど。
さくらがいなかったら成り立たない「男はつらいよ」なんだな~。
さくら、北海道までおにいちゃんを迎えに行く。
さくらを見つけた寅さんのうれしそうなこと。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-06-25 11:54 | 手芸 | Comments(2)

針山

って、「ピンクッション」って言えばいいのかな。
「針山」っていうと地獄絵図みたいでちょっと怖い(笑)
さて、次の日曜日から全3回の手芸教室に行くつもり。
コサージュとかを作るらしい。
凄く楽しみだけど・・・「裁縫道具はお持ちですか?」と。
そりゃあ、そんなのに申し込むくらいだから「はい」って答えるさ(笑)
ところが・・・なんかの景品でもらったようなちっちゃい裁縫セットか、もしくはミシンを買ったら貰えたセット(?)のようなもの以外ない。
そんなことを近所のスーパーで買い物中に思い出して、そのスーパーの片隅の100均で針や糸を購入。
(景品裁縫セットと大差なし)
その中の針山がまたみすぼらしく、いかにも100円だったので、すこしおめかしを。
e0172635_14425581.jpg

いろいろ縫い付けて残りもののネットで包む。
それにしても100円だからか(笑)裏まで柔らかく針が突き出しそうなので、
e0172635_14444711.jpg

箱を切って浅くし、布で包んでボンドで貼り、リボンをつけて。
その中に針山を。
日曜日が楽しみ。

e0172635_1446439.jpg

「女は女である」
今週WOWOWはゴダール特集。
ゴダールって難しいっていう思い込みがあり、考えたら今までに見たのは2,3本。
でもこの映画はとても分かりやすい。
っていうか、ジャン=クロード・ブリアリって凄く品があってかっこいい。
なにしろ衣装から何からなにかと何気にやたらとかっこいい。
今観ても全然新しい感じがして。
画面全体がお洒落すぎる感じがしてしょうがない。
だからやっぱりこの監督の映画って見てしまう。
ストーリー云々よりも見ることに気がいってしまう。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-06-22 14:52 | 手芸 | Comments(6)

靴欲しい病

最近、なんだか凄く靴が欲しい。
しばらく気に入った靴を手に入れていないせいなのか。
近所で探しても欲しい靴には出会えない←そりゃそうだよ。
だからと言って靴はやっぱり履いてみなければなかなか買えない。
3月のパリ旅行で、実は迷って結局変えなかった、ず~~っと履いてみたいCHIE MIHARAの靴を何足か見つけた。日本よりずっと安く、デザインも日本で見ないもあって。
でも出会いは1足でなければいけない。
2,3足いっぺんに目の前に現われると迷ってしまう。
「どの服に合う?」
「私、これ履く?」
迷いだしたら決められない私は、ほんとにず~~っと迷い続けてしまう。
少し迷えよ!ってくらい迷えずに買えるのは、おそらくその1つだけが目に飛び込んできた時。
案外そんな時の買い物があとあと良かったりする。
しかも迷って買えなかったものには「心残り」まで残ってしまう。
そんなわけで、ネットでうろうろ探してみるが、なかなか気に入ったものに出会えない。
サイズがなかったり・・・。
ヒールが高すぎたり(これは最近本当に多い)。
そこでやっぱりCHIE MIHARAを探してみると・・・。
e0172635_1213424.jpg

いくらハートを鷲づかみにされようが、さすがにこれは買わない(笑)
それにしてもこんなデザイン、色は初めて見た。
外国のショーウィンドウでは日本にも出してるショップでも、日本には置いていないデザインや色遣いのものを良く見かける。
その国で好まれるものをリサーチして並べるんだろうな。
このネットショップは因みにイギリス。
こんなのも
e0172635_1255797.jpg

かわいいけど、服選びからやり直さなければ(笑)

さてこの夏私は欲しい靴に出会えるのか・・・。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-06-21 12:07 | 日々 | Comments(0)

愚かなわたし

最近よく考える。
安いには訳がある。
安いと飛びついてはいけない。
安いから買うのではなく、必要だから何年使うか、それに見合った値段かを考える。
と、悠長に言っていられない時がある。
舞い上がって、「こんなに安いの見つけた私って凄いラッキー!」
「早くしないとなくなっちゃう」
と舞い上がる。
今回は考える時間はあった。
ヤフオクで急いで入札したはいいが、他に入札者なしであっさり落札。
検索しても高くてまともに買えないDVDがBOXでこんなに安いのに・・・。
きっと誰もしらないんだ。
いいえ、誰も知らないのではなく、みんなちゃんと説明を読んでいるのだ。
私はそういえば説明書も読むのが嫌い。
読まずにできるところまでやってみて、無理ならちょっと読む。
オークションでの失敗は初めてではないので、サイズなんかはちゃんと見ていたつもりだったのに・・・。
届いたのは
e0172635_11211135.jpg

コレ。
イ・チャンドンDVDBOX。
この期に及んで値段は覚えてないけど、おそらく4000円以内だったんじゃないかと。
よく考えれば安過ぎる。
1、グリーン・フィッシュ
2、ペパーミント・キャンディ
3、オアシス
の3本収録。
オアシス以外は未見で観たかった2本。
どこにも日本語字幕がない。
探しても英語字幕だけ。
いくら私が韓国ドラマ好きでも簡単な単語以外は全く不明。
加えて英語はもっとダメ。
ネットであらすじを探してじっくり読んでから観はじめる。
なんとかね、わかる。
記憶をたどり、画面を見て、英語を読む。
なんだか疲れて映画どころじゃない(笑)
安いからって飛びついちゃダメ。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-06-20 11:32 | 映画 | Comments(2)

私のように美しい娘

e0172635_11361774.jpg

前に観たのはいつだったか・・・。
そこまで面白いという印象はなかったけれど。
今回観て、いきなり私のトリュフォーベスト3にはいってしまいました(笑)
そして驚いたことに(今まで気にしてなかった)スタニラスは若かりしアンドレ・デュソリエだったんだ!
メガネをはずすまでわからなかった!
なにしろお行儀の悪いベルナデット・ラフォン(笑)
社会学者であるスタニラスが服役中のカミーユを訪ね、論文を書くためにインタビューが始る。
子供の頃からすれすれのところで男達を翻弄してきたカミーユがとうとうつかまる。
それまでの経緯をあけっぴろげにスタニラスにしゃべる。
しゃべるっていうか、ぶちまける感じ。
行き当たりばったりなのか、計算ずくなのか、彼女が行く先々で男達に弄ばれたり弄んだり。
出てくる男がみんな面白いの。
その最中には必ずカーレースの音のレコードをかける女ったらしや、
いやらしいけちな弁護士。
最高なのは害虫駆除のお人よし男。
どれも魅力いっぱいのキャラクター。
最後の最後まで男を手玉にとり続けるカミーユはこの先いったいどうなるのか!
そして何故か刑務所に入ってしまったスタニラスの運命は(笑)

そして寅さん。
もう10作目。
e0172635_11591041.jpg

マドンナは八千草薫さんなんだけど、田中絹江登場。
米倉斉加年が堅物でなんとマドンナに恋心を。
初めての両思いだったのに、寅さんは男!
あっさり身を引きまた旅に。
かっこいいな~。
米倉斉加年もドタバタと凄く良かった。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-06-19 12:04 | 映画 | Comments(0)

ここ1週間ばかり、あること以外何もしないように。
って言っても、
1、映画をちゃんと観ない(横目で観るならOK)
2、ビーズなどに触らない。
3、仕事もしない(店番はするよ)
そして、集中して勉強しよう!といういや、しなくちゃいけない!という状態に自分を追い込んだつもりが。
結局、しなくちゃいけない気持ちに羽交い絞めにされ(笑)そのストレスに潰されて(言い訳)。
当日を迎えてしまった。
発端は、一緒にフランス語を習っている優秀なマダム。
バリバリと仕事をこなす彼女は既に5人の孫のおばあちゃんでもある。
彼女は着実にフランス語検定を受け、多分2級を受けているはず。
「簡単よ~。」
「受けなきゃだめよ~」
(恥を忍んで自分への罰のため告白すると私が受けたのはたったの3級)
なんて言われて久しぶりについ・・・つい申し込んでしまった。
よく考えたら私、普段は時制なんて無視。
動詞の活用も無視。
文法問題はほぼ彼女に頼り笑って誤魔化す。
問題集をやってみて自分でも驚いた。
「こりゃ無理だ・・・」
とりあえず問題集をなんとなく解いたりしながらあっという間に何もしないで1週間は終わった。
日曜日の朝を向かえ、余裕をもって電車で出発。
デパートなんかは素通りし会場に近い駅で降り近くをうろうろ。
たまたま見つけた「庵道珈琲 西新店」(写真なし)
の奥の席でラストスパート。
注文したホットサンドが美味しくて勉強どころじゃない(笑)
中身はキャベツとひき肉でカレー味。
サラダもたまねぎおいしいからもっと食べたいな~なんて余裕じゃありませんか。
このお店に1時間以上も長居させていただき諦めて会場へ。
ほぼ学生の中におじいちゃん発見。
帰り道、「そうだこのおじいちゃんの歳までに合格すればいいんだ」
などと都合の良い言い訳をして、一人ビールを飲みながら残念会。
思ってた以上に間違ってて、これでも私ブルー。
気を取り直し、待ってる息子に夕飯を買って帰宅。
「もう食べたよ」
言うまでもなく発狂(笑)
e0172635_11353062.jpg

(食べちゃったので写真はお借りした。鯖寿司大好き)
食べながらテレビで途中から
「マイ・バック・ページ」
e0172635_11402263.jpg

これはもう一度最初から観たい。
もう一本は
e0172635_11442960.jpg

妄想笑える。
マリリン可愛すぎ。
もし私が男だったら・・・こんな二度とないチャンス・・・(笑)
[PR]
by dandanjunjun | 2012-06-18 11:45 | 日々 | Comments(2)

アリス

e0172635_14302344.jpg

思いたってこの映画を。
なんか、いいな~(笑)
先日の「ミッドナイト・イン・パリ」を観て、ウッディ・アレンの古い映画が観たくなって。
アリスは所謂有閑マダム。
には見えないミア・ファローがかわいい。
身体の不調を治しにある巷で評判の医者に行くが・・・。
その処方される薬が(笑)
なんか可笑しいんだけど、この監督の独特の雰囲気がたまらない。

やっぱり好きだ。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-06-16 14:38 | 映画 | Comments(0)

唇を閉ざせ



レンタル予約していたにも関わらず、録画で観てしまった。
私、残念。
まあ、しかたない。
それにしてもこの映画って凄い。
何が凄いってキャストが豪華。
本当に主役級の人がわんさか出てくる。
え?この人って、こんな役で?ってくらい。
ギョーム・カネ監督作は、この出演者陣だったにもかかわらず、日本では公開されなかったらしい。
サスペンスものって、例えば謎解きみたいなものだったら私は本当に苦手。
嫌いじゃなくてさっぱり読めない。
ただぼっさり画面を追っていると、ソノスピードについて行けない。
なのでこれは3回くらい観た。
何回見ても????なのが、
主人公の小児科医はフランソワ・クリュゼ。
若々しいし、実際若く見えるけれど、
そのお姉さんにマリナ・ハンズってどうよ。
いっくらなんでも若いんじゃない?
そのマリナ・ハンズの恋人(レズビアン)にクリスティン・スコット・トーマス。
え?お母さん?は言いすぎだけど、お姉さんかと思って。
いや、主人公のお姉さんがクリスティンだと思ったら違うし。
サスペンスなので、こういうとこにつまずいてちゃ追いつけないのは当たり前だな。
これはよしとして。
え、助けてくれるマッチョなチンピラってどっから出てきた?
かと思ったら、患者の親だったな。
え?そんだけでここまで命がけで助けてくれちゃうのって義理堅過ぎ、日本のヤクザみたいじゃん。
ってそんなこんなが気になってるもんだから、最後の告白を聞いてもイマイチ理解できない残念な私。
まあ、2,3回観ればわかるんですよ。
ハリウッドリメイクもあるらしい。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-06-14 11:58 | 映画 | Comments(2)