e0172635_1582669.jpg

またクロード・シャブロル。
これ、すごく怖い。
おとなしく無口な女が大きな家の家政婦に雇われる。
引き寄せるように現われるもう一人の女。
まったく違う二人が実は似た過去を持っている。
正直、ラストには驚いた。
タイトルを意識していなかった私にはまったく展開の予想ができず。
そして、全てがまるで準備されていたような。
ブルジョワ一家の描き方もシャブロル監督らしく、どこか皮肉を匂わせて。
二人の女優(サンドリーヌ・ボネールとイザベル・ユペール)が不気味で良かった。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-03-30 15:20 | 映画 | Comments(0)

暖流

観たのは増村保造バージョン。
なので、看護婦役の左幸子が非常にうざく(笑)
増村監督らしい少々大袈裟感のあるセリフの言い回しが心地良い。
が、これはそれ以前にも、お嬢様役が高峰秀子だったりするのがあるので、
他の監督の作ったものと比較するのも面白そう。
映像はなし。

続けて観た「姉妹」
e0172635_11374991.jpg

対照的な姉妹を野添ひとみと中原ひとみで。
中原ひとみが小さくって可愛くて。
田舎と街を体験する姉妹が、当時の女性の目で見た社会を受け止める。
はねっかえりの妹は、立ち向かっていく勇ましさ。
慎み深く受け入れる姉もそれはそれで美しい。
こういう女の子の目線っていうのはあまり見なかったな~。
人が集まれば唄い出す。
貧しくても楽しい山の暮らしも興味深い。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-03-29 11:41 | 映画 | Comments(0)

女性上位時代

e0172635_16381539.gif

これは前にも観た記憶があることはあるんだけど・・・内容は当時としてはちょっとHで(笑)
とは言うものの、カトリーヌ・スパークのかわいらしさが映画を上品に見せてはくれる。
衣装も、インテリアも見てるだけで楽しい。
突然夫を亡くした若い未亡人が、生前の夫の秘密を知ってへんてこな行動に出る。
まあ、内容は???って感じではあるけれど、彼女の魅力を楽しめる映画としてお洒落さんたちにも受けたのか。
e0172635_1644394.jpg


e0172635_16445015.jpg

久しぶりに。
色を絞って落ち着いた感じで。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-03-28 16:45 | 映画 | Comments(0)

パリの自分土産

気がついたらもうすぐ4月。
たいした写真もないのに、インフルエンザの影響か、だらだらと引き延ばしてしまったのでここいらで終わりに。
最後を飾るのは
e0172635_1329527.jpg

目を皿のようにして探したアクセたち(笑)
ど派手なじゃらじゃらアクセサリーも多いし、豪華で高価なものも。
まあ、身につけられそうで、しかも手ごろなものを探すのは至難の技。
でも、欲しいものがいっぱいあるなか絞り込んだいや、なんとか買えた物たち。
どれもすでに愛着が。

帰りの飛行機で重量オーバーで200€追加支払いと言われ、慌てて10キロ手荷物にした馬鹿な私。
だって、中身はどれもガラクタ(自分にとっては違うけど)なのに、200€も払うなんて。
大したものは買ってなかった私はうっかり重量を気にしていなかった(汗)
その、もしかすると案外高くなってしまいそうだったガラクタたちは・・・。
e0172635_13383497.jpg
e0172635_13391755.jpg
e0172635_1340018.jpg
e0172635_1340512.jpg
e0172635_13413422.jpg
e0172635_13421615.jpg

こんな素敵なお皿があるかと思えば、
ヴァンブには、どう見てもゴミ(?)なものも(笑)
「こんなの置いといて売れるのかな~?」と思いきや、
「いくら?」
と聞いてる人もいる。
物を大事にする。
自分なりの工夫でオリジナルなものにしてしまうという感覚が日本には少ないな~。
1つのもの(ガラクタ)を見て、いろんな可能性を思い浮かべるって言ったら大袈裟だけど、
シンプルで白が大好きな日本の家のインテリアにも、オリジナルな装飾があったらもっと面白いのに。

買って来たボタンなどをくっつけて
e0172635_13551139.jpg
e0172635_13555666.jpg

もともとは20年前のニューヨーク旅行で主人(当時は結婚前)に買って来たお土産。
e0172635_1357536.jpg

裏に「ジョン・レノン」とあるので、生前のデザイン画かなんかかな。
あまり活躍しているところを見かけなかったこのネクタイは主人のゴミの山に。
かわいそうだったので、エマールで洗濯後、デコレーション。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-03-27 13:59 | おでかけ | Comments(2)

睡眠

先週土曜日からのインフルエンザと、その前の週の旅行による、
睡眠サイクルの乱れが現在も続いています。
インフルエンザ中は、日頃から「寝れば治る」と思い込んでる自分偏り思考の為か。
まずは36時間ほど寝続け(薬を飲む時間以外)。
病院で薬(タミフル他)をもらってからも3日間はほぼ寝て。
もう、どうしても仕事しなくちゃという日になって、お昼頃には店に行こうと心に決め、
朝、息子を送り出してからベットに「あとちょっとだけ」と入り。
起きたら「2時」(笑)
寝すぎて朦朧としながら店に。
それ以後、なんとか出勤するも「早く帰って寝たい」と思う日々。
ちなみに昨日日曜日の様子。
朝7時起床。
息子を送り出し、またベットに。
息子の電話で起こされ、時計を見たら「午後1時」。
あ~こんなに寝てしまったら夜が寝られない。
というのはいらぬ心配で。
1日中、DVDを観てはうとうとしていたのに、
11時に就寝。
今朝も起きるのが辛かった。
さて、この体内睡眠サイクルは正常に戻るのだろうか。

時差ぼけが始った旅行の宿泊は14区のモンパルナス。
空港からのバスが到着するし、日帰り旅行の電車の駅もある(後日、ここからは発車しないことが発覚。
シャンパーニュ地方は東駅からの発着)。
2つの蚤の市にも地下鉄1本。
などの理由で決めたわけですが。
モンパルナスといえばQママさん。
事前に伺った地元情報のお陰で、さらに便利な滞在を楽しむことができた。
何しろ、モノプリが近い(笑)
ほぼ毎日のようにモノプリに通い。
お土産ココで購入。
その上DVDも売っていたのでチャレンジ。
e0172635_1131362.jpg

昨日試しに1本「les femmes du 6etages」を。
観たかったけど、日本では観られそうもなさそうなのを3本。

e0172635_11162786.jpg

このモンパルナスタワーを目印に。
近くでは土、水曜日に朝市が。
e0172635_11191539.jpg

野菜、果物、魚、花・・・他にも色々。
ブラブラ見て歩くだけでも楽しいし、ちょっとだけ買ってみた果物も美味しかった。

夜は賑やかで、店の前に行列があったりする。
いったい何に並んでる???と近寄ってみると。
e0172635_11222543.jpg

こんな小さな劇場がいっぱい。
言葉がわからなくても行ってみたらおもしろそう。

日本食レストランも多く、おいしいアイスクリームもあった。

e0172635_1130252.jpg

ここはホテルからも直ぐ近く。
前にQママさんのブログで見て、是非行ってみたかったクスクスのお店。
場所を教えてもらい、もの凄くお腹が空いていた日曜のランチに。
野菜もたっぷりで凄く美味しかった。
デザートが入らないくらいお腹がいっぱいで(笑)
その満腹感はなんと翌朝まで続く。
クスクスって本当に腹持ち(?)が良いのですね。

クレープリーも何軒かあるし、買い物、食事、交通機関と、
とっても便利な場所でした。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-03-26 11:35 | おでかけ | Comments(2)

パリ散歩

私は詰めが甘いのか(笑)
食べたいもの、行きたいところ、苦手な地図と格闘して目星をつけるところまでは頑張ったつもりが・・・。
行ってみると「お休み」ということが多い。
ので、あまりきっちりとした予定は立てず、街をぶらぶら散歩する感じで。

e0172635_14255196.jpg

ココには2度。
1度目はお休みだったので(笑)
ただ、ここは大きな目的だったので再訪。

「コレット」
e0172635_1427311.jpg

お休みだったけど、ショーウィンドウの風船を、お店から出てきて配ってた。

e0172635_14291995.jpg

e0172635_14295461.jpg

モンマルトルの坂を上がって、ヒーヒー言ってたら、後から来たカップルがいきなりキスを始める。
ぼんやり口を開けて見ていたのか、
その後ろから現われたおじさんに、
「じろじろ見て(笑)、ここは自由だよ!」
なんて笑われる。

「メルシー」
e0172635_14364698.jpg

確かにむやみに高い(笑)
うちに売ってる日本製の酒タンポなんて置いてある。
ものの価値は、そのものの価格ではなく、どう売るかにもよるんだな~。
そこに置いてあると、その「モノ」が素敵に見える。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-03-24 14:39 | おでかけ | Comments(0)

蚤の市でボタン

今回の旅行の楽しみの一つは手芸材料を買うこと。
ビーズやボタンを見つけてはじっくり見て回った。
クリニャンクールには、1軒まるごとビーズとボタンのお店もあったし、ヴァンヴにも雑誌に載るような店が出店していた。
ぽろっと1つ、2つアクセサリーに混じってるようなビーズ(ガラス)は1€とかであるけど、シートのボタンは案外良い値段で、でもなかなか見つけられないかわいらしさ。
e0172635_1434886.jpg


e0172635_14264077.jpg

こんな風にシートになってて10€。
バラで下さいって言ったら1個2€って言うから「じゃあシートで」ってことに(笑)
途中抜けてるとこはバラで売ってるんだろうけど、何個抜けてても1シートの値段は同じ。
面白い。

e0172635_14311629.jpg

割れたボタンもあるし(笑)

e0172635_14325331.jpg

ガラスボタン

e0172635_14335732.jpg

これはたまたま通りがかった手芸屋さんで買ったボタン。
ここの手芸屋さんはマレの辺りだったので、綺麗なお店でお値段も高め。
レース柄のボタン。

まあ、見る人によったら一見ガラクタ(笑)だけど、探してる時の私は嬉しくて目が輝いていたはず。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-03-23 14:43 | 手芸 | Comments(0)

TGV

初めてTGVに乗った。
チケットはなんとなく・・・サイトがあったので日本で購入(しなくても全然空いてたけど)。
パスポートと一緒に窓口になんて書いてあったので、その窓口に行くと・・・。
日本でも見かけるATM前で説明してくれるような人がいて、チケットを見せると、「あと10分で出るから〇番ホームへ直接行っちゃっていいよ」なんて親切に教えてくれたので。
その〇番ホームへ急ぎながら-----そんなわけない。
掲示板で確認すると、確かに方向は同じだけど、違う電車。
駅の名前が似てるわけでもないし、出発時間も違うのに、何故間違えて教えちゃう???
無事乗れたので問題なし(笑)
e0172635_1153211.jpg

駅について、改札を出ようと思っているうちに気がつくと駅の外に。
改札も無ければ検札もなし(笑)
つまり、あのおじさんの教えてくれた電車に乗っちゃってもどうってことなかったのか~。
と、友人は調子に乗って、「1本早い電車で帰ろうか」と言い出し。
たまたまホームにはその1本前の電車が。
「そういうときに限って」と実はA型気質な私がストップ。
帰りはちゃんと検札に回ってきたのでした。
検札は、気分?時間?込み具合?・・・なのかしら(笑)

ずっと前、クリニャンクールに行った時、案内してくれた方が、「ちょっと危ないところだから気をつけて」と。
駅からそこまでの間に、露天のような店が連なり、今回もちょっと怖かった。
肩に力が入っていたせいか、45分電車に乗って行った街がことのほか穏やかに感じられた。
なんかのんびりしてる。
お天気も良く、人もあまりいない(笑)
路面電車はまだピカピカで、バスも綺麗な新しいのばかり。
道もとても綺麗だった。
「パリと空気が違うね」
e0172635_1272760.jpg
e0172635_128584.jpg

[PR]
by dandanjunjun | 2012-03-22 12:08 | おでかけ | Comments(2)

インフルエンザ

土曜日の夜、ちょっとした飲み会があり、
すこ~し飲みすぎたのか、頭ががんがんしてなかなか眠れない。
そのうちに熱いな~、苦しい~という感じで朝に。
そのままうつらうつらして昼過ぎに熱を計ったら8度5分。
風邪か~。
夫に勧められるまま「葛根湯」やら咳止めのシロップを飲まされ、横になってはいたものの
熱は8度台をキープ。
月曜朝、うちの斜むかいのお医者様へ(近いんです)。
夫は「ただの熱だから入って大丈夫」っていうけど、念のため呼んで受付をしてもらい、この時期なので、別の部屋で待つ。
検査の結果はA型。
息子と同じだけど、息子は私の出発日に発熱。
発熱1日前からウィルスを発散させてるらしいけれど、それにしては潜伏期間が長すぎる。
どこでもらってきたのか・・・。
久しぶりの熱は相当きつかった~。
皆様もお気をつけください。

e0172635_15592526.jpg

これはわざわざ2回も行って、やっと5月まで開かないことに気づいた藤田の教会。
街の中心街からはちょっと外れるのでてくてく歩いて。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-03-21 15:59 | 日々 | Comments(0)

暖かいパリ

もの凄く楽しみにしていたパリ旅行。
気がついたらもう帰ってきてしまっている・・・。

デジカメは持っていったものの、手軽に使えるiphoneでついつい。
e0172635_16524228.jpg



e0172635_16533617.jpg

今回の1番の目的は蚤の市。
この写真はヴァンヴ。
簡単な台にばーっと古いものを並べて売る。
じーっくり見ると、中に光り輝く宝物が(笑)
かわいい小花模様のお皿はおいくらかしら?と尋ねると・・・。
「1ユーロ」
「えっ?2枚で?」
っていうか、1枚50円か100円の違いだし(笑)
蚤の市初級者の私はつい「ほんとにいいの?」と聞いてしまった。
そのうち写真をUPしたいと思ってます。

e0172635_16542188.jpg

e0172635_1655950.jpg

そしてこれは、TGVで45分、シャンパンの街ランスへ。
カーヴではたった二人の見学ツアーで、力強い説明を聞き、3杯の試飲。
とってもおいしかった~。
街を歩いていると突如現われるこノートル・ダムは言葉にできない美しさ。
しばし見とれる。
シャンパン好きにはたまらない街。
この時期人も少なくていいんだけど、楽しみにしていたレオナール・フジタの教会も5月からだった。
のんびり歩いたり、お買い物したり、ひょっこり現われる遺跡をみたりと、パリからも近くて日帰り旅行には丁度良い距離でした。

e0172635_16554955.jpg

そして残念ながらお休みだったポンピドゥー。
いっぱい人がいたからしつこくうろうろしたけど、「お休みだよ」と通りがかる人が親切に何人も教えてくれる。
じゃあ、この人たちはここでいったい何をしてるのかというと・・・おそらく日向ぼっこか、得意のおしゃべりか(笑)
[PR]
by dandanjunjun | 2012-03-16 17:02 | おでかけ | Comments(4)