週末の針仕事

息子が「泥巡」(どろじゅん・・・地方によって違う?)で制服(市内公立小学校全て制服あり)のブレザーの袖を見事に破いてきた。
あと3週間で卒業なので、ただひたすらわからないように縫い付けた(笑)
息子「すごい、全然わからないよ~」
まあね(笑)
折角針を出したので、またチクっとブローチでも。
e0172635_10183413.jpg

白い石がほぼビーズで覆われてしまった。
波に乗って(笑)
セールで買ってあった「mon parure」さんのキットを仕上げる。
e0172635_10234177.jpg

こちらのアクセサリーは作ってから使用頻度が高く、やっぱり違うな~と感心する。
ただどうしてもできないめがね止。
なので、9ピンに変えて仕上げてしまった。
くねくね柔らかいワイヤーの扱いは今後の課題。

昨夜9時。
先週から「スクール」っていうドラマを息子が観てる。
ふと、「明日、お弁当」と思い出した(笑)セーフ。
マッコリ2杯飲んでいた私は、夫にスーパーに乗せて行ってもらう。
e0172635_10284198.jpg

今月3回目のお弁当の日。
月3回でブーブーと文句をたれてる私の心配は4月からの毎日のお弁当。
朝食を食べさせ、お弁当を持たせて7時過ぎには家を出る。
そんなのみんなしてることだろうけど、私には想像もできない過酷な毎日(笑)
見たとおり、代わり映えのしないお弁当で見当はつくはずだが、レパートリーは極端に少ない。
いままで興味のなかったお弁当ブログを徘徊しなくちゃ。
なんと今うちには電子レンジがない。
壊れて捨てたまま買ってない。
まずは電子レンジを買うのが先決。
[PR]
by dandanjunjun | 2011-02-28 10:39 | 手芸 | Comments(6)

再現

以前ここで紹介させてもらった緑のコート。
記憶に残っていたものを母から譲り受けた。
気に入ってるので登場回数を増やしたいところだけど、案外軽くて暖かくない。
なのに見た感じちょっと重いので、少し暖かくなりかけた冬の終わりがこのコートのシーズン。
そう、今だ。
去年は3月に着たので、ちょっとその時のコーディネートを再現。
e0172635_1114952.jpg

薄手の黒のニットにちょっとコクーンな膝上スカート。
膝上なので、7分くらいのレギンスでごまかし、素足に私の宝モノパンプス。
e0172635_114982.jpg

このパンプス買うとき、お店の人が「色んなタイツと合わせて穴から違う色が見えたらかわいい」って言ってたけど、そういう冒険はしない(笑)
ほんの少しサイズが大きいので履くときは半分中敷を入れる。
e0172635_111551100.jpg

胸のあたりにギャザーが入ってたり、今と違って作りがゆったりしてる。
母は小柄で私より丸い(笑)ので、シルエットを気にしてなかなか着るのが難しかったけど、腰の紐を後ろで結んでウエストを少し締めたら悩み解決。
今年はデニムと合わせたい。
そろそろ出番。
今日は汗ばむ陽気。
[PR]
by dandanjunjun | 2011-02-25 11:22 | 日々 | Comments(5)

三人の妻への手紙

e0172635_14383066.jpg

原作は五人らしい(笑)
三人で十分だけど。
前にも観たけど、録画してすぐ観るとは、どうも私この映画好きみたい。
3人の妻は3人とも一人の女性にちょっとした脅威を感じている。
夫たちが一目置くその女性に複雑な感情を。
それぞれが、それぞれの理由で、おもしろくない存在に。
この映画(原作は読んでない)作りが巧妙。
タイミングや運び方がとても上手い。
この時代のメイクやヘアスタイルが好きじゃないけど。
ここぞという顔のアップは斜がかかる(笑)
3人がそれぞれに抱えるコンプレックスが今でも理解できるし、夫婦関係もさほど古さを感じない。
一石を投じる張本人の姿が見えないのもおもしろいし、想像を掻き立てられる。
[PR]
by dandanjunjun | 2011-02-24 14:52 | 映画 | Comments(0)

暖かい日

今日はぽかぽかと暖かい。
にも関わらず、私ときたら・・・
e0172635_16251063.jpg

こんなものを着てる。
会う人に「寒いの?」と聞かれ、初めて今日は暖かいんだと(笑)
で、このジャケットというと・・・。
これは夫からのプレゼント。
といっても、もう20年以上前!
なんだか古いもの自慢ブログになってます(笑)
でも、コレ全く飽きることなく毎年着てる。
ドリス・バン・ノッテンの40サイズ。
ちょっと大きめなんだけど、下にたくさん来ても大丈夫だし、なによりこの山吹色って案外合わせやすい。
あと何年着られるだろう(笑)
[PR]
by dandanjunjun | 2011-02-23 16:33 | 日々 | Comments(4)

e0172635_13554791.jpg

空気がピーンと澄み渡るようなストックホルム。
人の肌も透き通るように白い。
吐く息のように、ほんの少しの温もりを探す少女エリはだいたい12歳。
吸血鬼というものを、美しく儚く描いているのかと思ったら。
ラストは痛快。
これぞ吸血鬼と拍手を送りたくなる。
画面や少女の美しさとは対照的な、オカルト映画のような場面が前触れなく映される。
このギャップがおもしろいし新鮮。
かわいいエリの血に飢えた顔は必見(笑)
[PR]
by dandanjunjun | 2011-02-23 14:08 | 映画 | Comments(1)

活躍中

去年あたりからちょっと活躍中の靴。
e0172635_14115186.jpg

買ったのは・・・おそらく15年くらい前。
仕事をしていた最後あたりに買った(見るからに通勤靴)ので、辞めてしまってからは履く機会もなく。
最近は学校に履いていくのに重宝してる。
今日もこの靴を履いて遠縁のお葬式へ。
喪服はここ数年買っていない。
黒いスーツを着ている。
ここ1年ほどの急激な体重増加に着られる服が限られてきて。
今朝も引っ張り出したスーツはジャケットの丈が丁度いろいろ隠れる位置で「こんなのあったんだ~」と喜んで着てみたら・・・パンツが入らない(汗)。
もう、あきらかにダメだったので諦めようと思ったんだけど、念のためガードルってやつを、これまた引っ張り出して。
なんと入った。
おそるべしガードル(笑)
このスーツを買ったのはおそらく7,8年前で。
ってことは・・・ウエストで穿くパンツ。
こんなの久しぶりに穿いた~。
しかも、動いたら腸が・・・みたいな感じのジャスト(?)サイズ。
新鮮な穿き心地~。
こんな状態で、精進弁当まで平らげた私って凄い(笑)
[PR]
by dandanjunjun | 2011-02-22 14:33 | 日々 | Comments(10)

シングルマン

e0172635_1543265.jpg

美味しいチョコレートを一粒食べたような映画。
上映最終日の最終回にやっと間に合った。
このギリギリのところで行くか行かないか迷う映画。
行ってよかったと思えると1日の疲れも忘れる。
トム・フォードの初監督作品。
どんなもんだろう??と思って見たら。
どこを切り取っても美しい。
静かでとてもプライベート。
ただ受け入れる側に徹する。
何かを投げかける作品というわけじゃなく、手の内を見せられた。
そんな感じか。


昨日は夫の誕生日。
お腹いっぱいで食べられないというから、小さなケーキを。
e0172635_1550513.jpg

息子が歌い(笑)3等分に切り分けてくれた。
いらないと言っていた夫は・・・私の分まで食べた(笑)
だったらもっと大きいの買ったのに!
[PR]
by dandanjunjun | 2011-02-21 15:52 | 映画 | Comments(0)

気になるニュース



この町の特産品はそうめん。
そのそうめんを、イチローに贈るらしい。
私の記憶では「毎朝カレーを食べてる」だったけど「毎朝そうめんを食べてる」との情報を聞きつけ贈ることにしたというのをニュースや新聞で見た。
イチローの所属する球団にも送ったよう。
ふーん、意味あるのかな?と私が言うと。
「お金持ちに贈ってどうする??他に送るところがいっぱいある!」と義父。
そうだ!確かにそうだ!

寝ぼけた頭で今朝のニュースを聞いていると(テレビから)。
「ねむの木学園」の宮城まり子さんの口座から1500万円が引き出されたと。
そういうところからお金を盗むってどういう了見だ!と思いながら聴いていると。
聞き間違いなのか、遡って数年前から5億円を・・・って、ごごおくですかっ?
世の中のお金はどうなっているんだろう??
私の手元にはないから想像もできない。
[PR]
by dandanjunjun | 2011-02-18 11:22 | 日々 | Comments(4)

南極料理人

e0172635_13254098.jpg

思った以上に平坦な映画。
悪い意味ではない。
閉塞感、孤独感は大きいだろう。
ただ、食料が豊富にあり危険がつきまとう状況ではないので、自分との闘いというところか。
同じ顔ぶれで1年間共に暮らせば、もっと大きな問題が起こるのではと予想してたけど。
食べることって大きいなと、改めて感じた。
食べられる安心と、美味しいものを口にした時の充実感。
時と場合によっては何物にも変えがたい。
特に最近の邦画に多いし、いかにもおいしそうな食事風景。
ところで、私が大いに気に入ったのは・・・。
ドクター役の豊原功補。
前にも書いたかもしれないけど、すごく好き(笑)
とは言え、名前もすぐに忘れてしまうし、敢えて探して観るわけでもない。
ただ、何故だかこの人に男の色気を感じる。
簡単に言えばタイプ(笑)
南極に1年間という設定なので、みんな髪、髭が伸びっぱなし。
不潔に見える人もいるけど・・・なんか許せる。
とにかく見た目がタイプなんだろうな~(笑)
友人が、男性の綺麗な指が好きと言っていた。
この映画では、食事担当の堺雅人がラーメンを作ろうと、小麦粉に手を入れるシーン。
本人の手だろうと思うけど、すごく綺麗だった。

これも以前書いたかも知れないけど、噺家さんたちが高座で羽織を脱ぐ仕草に惹かれる。
これは例外なく、おそらく誰というわけじゃなく、仕草が好き。
男性の着物姿に惹かれるというのもあるけれど、するっと肩を動かして落とすような仕草にどきっとする。
っていうことを、先日落語にご一緒した方々に勢いよく話すと・・・「・・へー・・・」って(笑)
あれ?私だけ??
[PR]
by dandanjunjun | 2011-02-17 13:47 | 映画 | Comments(2)

普段、常に毎日ほぼデニム。
仕事でちょっと汚れたりするのでどちらかというとどーでもいー格好。
靴も脱ぎやすい(第一条件)ものに。
なので、外出する時には靴を楽しみたい。
できるだけヒールのあるものを履きたいし、ブーツよりパンプスが好きだったり。
冬は足元も寒いからなかなか苦労する。
数年前に買った靴。
e0172635_1110455.jpg

敢えて言うが気に入って買った(笑)
なかなか履きこなせず、日の目をみることがないまま時間は過ぎたけど、今年は絶対履こうと心に決めて。
この靴に合う靴下も購入し、張り切って履いたのが10日前。
jazzを聴いて良い気分で店を出たら階段でストンと。
どうなったか訳がわからないけど、なんだか正座状態で前にいた夫にぶつかって止まった。
明らかに無理な体勢だけど、どこがどうなってるのかわからないし、何しろ寒く、お酒も飲んでるので、そのまま歩いて次の店。でまた次の店(笑)
翌朝見てみたら、靴のかかとの部分が両方綺麗に取れてる。
階段の縁に引っかかったのか。
で、足は未だにあざが。
腫れはすぐに引いたけど、この歳になるとあざはなかなかとれない(笑)
「年寄りの冷や水」なんて言葉が頭に浮かぶけど、そんな足でも週末にはヒールで1日中歩いた。
低い靴を履いてると嬉しくない。
ヒールのある靴を履いた時の足が好き。
骨折、捻挫に注意し、カルシウムを摂取してできるだけヒールのある靴を履いていたい(笑)
[PR]
by dandanjunjun | 2011-02-16 11:30 | 日々 | Comments(0)