<   2011年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

初めての買い物

というわけで、プスプスと感情がくすぶっていたわけでありますが、
少々やけっぱちな気分の私は、息子を連れて知り合いの陶芸家さんの親子展へ。
この陶芸家さんにろくろを回して焼き物を教えていただき、厚かましくもお父様の大切な花器をお借りして、昨年花展に出させていただきました。
なんともいえない色合いの青磁の器。
若い頃はゴツゴツした土ものの器に惹かれたけど、こっちへ来てからというもの、有田が近いせいか、目にするのは白磁の器がほとんどで。
特に白地に藍色の模様などがここ最近は気になる。
青磁と一口に言っても私にはわからない奥深いものがあるのでしょうが、なんとも潔いというのか、無駄のない美しさに惹かれる。
主役のようで、花を入れれば引き立て役になり、邪魔をせず←わかってるのかな~(笑)
で、前におじゃまして作品を見せていただいた時には、怖くて値段を聞けなかったので、この機会を待っていたのでした。
私には到底手の出ないものが沢山で、気後れしてしまいそうだったけど、なにしろ何故だか意気込んでたもので(笑)そこは冷静に財布の中に入れていったお金で足りるものを一つ。
私にしては頑張った初めてのmy花器。
いつもは先生にお借りするばかりだったので、自分で「買う」のは初めて。
ん?始めて何年?で、初めて買うってものいかがなものか(笑)
とてもシンプルでいて何を生けようかこんな私でも想像が膨らむ。

e0172635_15303092.jpg

この写真じゃあちょっと申し訳ない。
前に読んだ「蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ」(室生犀星著)の一番初めの短編が陶器を愛でるちょっと異常な趣味の話。
気に入ったものを買い集め、部屋のあちこちに置く。
日や時間によって光の入り具合が違うので、一番美しく見える位置に移動させる(笑)
そんな道楽をする余裕はないし、あってもあちこち場所を変えるなんて面倒なことさらさらする気もないけど。
「陶器のような肌」というくらいだから、例えられるように滑らかで冷たくてきめ細かい美しい艶。
そう艶!とろ~んとした艶。
まあ、この写真では伝わらないだろうけど(笑)
[PR]
by dandanjunjun | 2011-01-31 15:42 | 日々 | Comments(4)

GANTS

e0172635_10483490.jpg

テレビでバンバン宣伝してたので、つい「行く?」と息子に。
「行きたい!」ということで「松山ケンイチ」目当ての母さんは行ってしまった(汗)
前日深夜まで起きてて、朝は7時半からの消防訓練(笑)に行かなければいけなかった私は、開始20分ほどでうつうつら。
目が覚めると、ちょっと大人なシーン。
「あれ?やばかった?」と後悔しても後の祭り。
そういえば最初のほうもちょっと(汗)
まあ、その後はほぼ戦いの連続。
これが苦痛ったらない(笑)
CGっつうもんは見飽きる。
ドカーンと派手で息子には面白かったようだが「100点とったら」というメニューがあって、達成したら選べるシステム。
一回の戦いでやっと7点って見たときには焦った。
「あと何回戦闘シーン?」
案の定「to be continue」
勘弁してほしい、続編はご一緒できませんから(笑)


息子は6年生で、地元を愛する少年(笑)
派手な格好や行動も好まない。
ちょっぴり都会からこの地方にやってきた私は、なんとか息子に遠くに旅立って欲しいと願う。
けしてこの町から一歩も出ないような人にはならず、外国だっていい、色んな人に会って、いろんなことを経験して欲しい。
その準備としてできれば中学受験をさせて、少しでも環境を変えたかった。
ふとしたきっかけで5年生が終わった春休み、塾の模試を受けるよう勧めたら「いいよ」と。
受験はしないと言っていたのに。
たたみかけるように模試を受けさせ、結果の悪さを理由に塾通いにこぎつけた。
いやいやながらも1年間通えば、回りの友達に感化されてヤル気になるかもと、姑息な願いを息子に押し付けて。
結果は・・・二つの学校を受験して二つとも残念な結果に。
最後の後期試験に望みを掛けてた私の願いは届かず「もうやだ」。
受験する意味を見い出せないまま1年間を過ごし、言われるままに受験はしてみたが、結果は出た。
というところか。
彼なりの希望を持って、地元の公立中学に通うことになる。
落っこちた結果とは言え、まだ残っていた可能性を拒否した以上、多少の責任を感じて頑張ってくれるはずだ・・・と母は見守るしかない。
[PR]
by dandanjunjun | 2011-01-31 11:11 | 映画 | Comments(3)

寒い日

昨夜は寒くて何度も目が覚めた。
そのわりに断続的に続いた地震にはまったく気がつかず(笑)
今朝も引き続き小さな揺れで、木枠の窓ガラスがピシピシと鳴った。
心も体も寒い今年の冬。
景気が悪いから懐も寒いという三重苦(笑)
まあ、もう少し我慢したら必ずやってくる春。
春の訪れを待つことに。

[PR]
by dandanjunjun | 2011-01-27 13:52 | 日々 | Comments(0)

ロバと王女

e0172635_13591854.jpg

昨年暮れ、Qママさんのブログで紹介されてたのを見て、ちょっと興味を。
存在すら知らなかった映画。
始ってすぐに「大好き!」と叫びたくなる(笑)
頭の中の御伽噺を映像にしてくれた。
その隅々まで目を凝らして見たくなるようなセンス。
豪華で夢のような衣装に、あれっと滑ってしまいそうなちゃちなセット。
そのアンバランスなところに惹きつけられてワクワクする。
中でも目を疑ったのは王女のベット。
カモシカの剥製が両脇に鎮座して、それに挟まれてスヤスヤと眠る美しい王女。
打ちっぱなしのコンクリートの壁には薔薇が蔦って。
青い国と赤い国。
最後は真っ白な豊かな国。
なんとヘリコプターで王女の父登場。
夢なのか幻なのか、安っぽいおもちゃなのか。
とにかく素晴らしかった。

e0172635_14153788.jpg

面倒くさくてうんざりする細かい作業も終わってしまうとまたしたくなる(笑)
で、またキットを購入。
小さいビーズのドームを40個ほど作って繋げるみたい。
これは試練(笑)
一日5個くらいがやっと。
やっと半分できたか・・・。
繋がるのはいつ??
[PR]
by dandanjunjun | 2011-01-26 14:19 | 映画 | Comments(0)

恋するベーカリー

昨日の日曜日。
私は朝から用事で近所に出かけた。
久しぶりに着物を着るので、朝からバタバタと。
洗濯機を回したはいいが、干してたら間に合わない。
なので起きて漫画、失礼アニメを熱心に見ていた息子に、
「洗濯物干しておいてくれる?」
よその家庭ではもう6年生なら当たり前にさせているのかもしれないが、うちはなんとなく今まで機会もなく。
「うん、いいよ」あっさりと頼もしい返事。
寒さと、慣れない着物に疲れ、自宅に帰ったのは4時過ぎ。
夫と息子は出かけている様子。
2階のベランダ(っていうのか?)には洗濯物が干してある。
よしよし、よくやった。
中に入ると、リビングのテーブルもかたずけられ、ふきんで綺麗に拭いてある。
私が朝っぱらから食べ散らかした大好物のポテトチップス(笑)の食べ残しはゴムでとめてキッチンに。
これは感動!
大袈裟だと思われるかもしれないが、結婚してこんな風に自分の用事で数時間、1日と家を空けた場合、たいてい帰って直ぐ怒りに震えることになる(笑)
食べ散らかし、脱ぎ散らかす二人は悪びれた様子もなくほぼパジャマ姿で「おかえり~」というのが当たり前だった。
わかってはいてもそのつどこれ見よがしにバタバタとかたずける。
昨日は夫も昼から仕事があり、出かけたので息子が一人でしてくれた。
疲れて帰った家がかたずいてるってなんて幸せなんだろう。
結婚して18年、初めての出来事(笑)
夜、帰ってきた息子に感謝の意をしつこく述べましたとさ(笑)

二人のいない間に、ぼんやりと。
e0172635_1325219.jpg

録画していた「恋するベーカリー」
この邦題は観ようという気持ちを殺ぐほどのものではないか。
実際、この邦題のために私はDVDのレンタルもしなかった。
ダイアン・キートンとジャック・ニコルソンで笑った人はきっとこれも楽しめる。
太って原型を残していないアレック・ボールドウィン。
ジャック・ニコルソンの後姿でひっくり返った人は今回更に驚くアレック・ボールドウィンの半裸(笑)
二人は体を張って笑わせてくれる。
あと何年かしたら私たちも迎えるであろう時を軽快に楽しく見られる。
アメリカのちょっと裕福な家庭のインテリアや生活、食事風景、パーティーって永遠の憧れ。
この手の映画にはよくある風景なんだけど、やっぱり気分が上がる。
同じ年頃の友人たちとの気の置けない会話はスカッとして気持ちいい。
人生の酸いも甘いも経験して、これからは静かに下っていくんじゃないかという不安と、穏やかでいいじゃないかという守りに入る心。
どっちも大切だけど、人はきっと揺れ続けるんだろう。
揺れて傷ついてもまた繰り返す。
それだから楽しい人生。
[PR]
by dandanjunjun | 2011-01-24 13:40 | 映画 | Comments(6)

A型家族

傍目にはけしてそうは見えないであろうA型家族。
どこがどうA型なのか定かではなく、几帳面な部分は重箱の隅っこほどにあるかないか。
夫は大胆に見えて超保守的。
息子は・・・いまだ不明。
私は・・・。
e0172635_15133066.jpg

これが許せない(笑)
CDの中身が空、もしくは違うのが入ってる。
いつのまにやら私の車にも夫のCDが収まってる。
それをどうこうは言わないが、それまでプレーヤーに入っていたCDを出し、自分が入れたCDのケースに戻す。昔からずっとそう。
自分のCDを聴こうと思ってケースを開けたとき・・・怒りが(笑)
どうってことないこと、目くじら立てることじゃない。
こういう小さなことが許せないのがA型なのか。
[PR]
by dandanjunjun | 2011-01-21 15:18 | 日々 | Comments(4)

お腹がすいたら・・・

レッグマジックの回数は増えず。
間食は極力控え、みかんくらいに・・・。
お腹がすかないように水分で(笑)
e0172635_1344516.jpg

動かない、動いてもちょっとだったり、鈍かったり。
目標が遥か遠くにあるようで切ない。
小さな事務所には
e0172635_13461094.jpg

お隣の解体のときにいただいた食器棚。
思うに昭和文化住宅風。
扉ははずれ、たてつけは悪いけど、棚の役割は十分はたしてるし、すごく気に入ってる(笑)
こんな安っぽくてかわいいのって最近見かけない。

ここのところ自宅で2時間映画を観るというのが難しい。
時間がないわけじゃないけど・・・。
先日本屋をぶらついてて目に留まった。
e0172635_13511196.jpg

中学、高校の時冬休み明け恒例の「百人一首試験」。
当時80首くらいは覚えてた記憶が。
上の句があって、下の句を書いたりその逆だったり・・・の形態のテストだったか(定かでない)
遠い記憶で、ごっちゃになったりしてなんとも残念。
1首ずつ意味を噛み締めて覚え直したい。
1日1首、これも今年の目標に。
[PR]
by dandanjunjun | 2011-01-20 13:56 | 日々 | Comments(5)

赤ちゃん肌

ってもう最近触る機会もないので(笑)どうかとは思うけど・・・
e0172635_132781.jpg

「Oh!Baby」ハウス・オブ・ローゼ。
これは絶対おすすめ。
現場用ストーブの熱風に日々さらされ、かっさかさの肌は痛痒い。
ボディクリームを塗ったくらいじゃ追いつかない乾燥に、ヴァセリンやエイトアワー(アーデン)を塗りたくって(笑)
昨日ドーナツを買いに行ったショッピング・モールに最近入店した模様のアロマショップの最前列に「ここにいるわよ053.gif」って感じで積まれてたコレ。
ベースの定番商品を年に2,3回期間限定で香りを変えて。
今はライチ。
おかげで今日はボディークリームなしでつっぱらない。
乾燥が気になる方、脛のあたり粉をふいていませんか(笑)

半年くらい前からコーヒーメーカーが壊れてた。
暫くは手動でしてたけど、豆をひくところからだと朝は大変。
なので、ここのところ朝は紅茶だった。
検討を重ねた挙句、タイミングよくグラムールでセールになったのをGET。
e0172635_13445236.jpg

アフターケアも親切で、なによりお手入れラクラク。
数年前、今朝もたっぷり愚痴を聞いてもらったpukuさんが使ってたのを見て事務所用に購入。
実家にも1台、そしてこれが3台目。
忙しい(動けない)朝にはぴったり。
[PR]
by dandanjunjun | 2011-01-19 13:47 | 日々 | Comments(4)

目標

今日は検診。
といっても問診と処方箋をもらうだけ。
癌(に限るのかどうかは知らない)に関する薬は2ヶ月分以上出せなくなり、最近は定期健診がなくても行かなくては。
いつものように看護師さんに腕の計測。
むくみなどがないかの確認。
それが終わろうとした時、おもむろに体重計を。
「な、何?」
「ん?いつも計ってるでしょ?」
「い、今まで一度も計ってません!」
「そーなの?計らなきゃいけないんだけど・・・じゃあ自己申告で」
っていうわけで、吐かされた(笑)
お正月からずっとおもちをたくさん食べてる。
ここ最近、私にとっては頭の痛い問題があって、ストレスのせいか(笑)無性に食べたくなる。
そんな言い訳は置いておいて、
先生に
「手術から4年たちますが、当時から何キロふえました?」
「・・・5キロほど・・・」
「いままで順調で何も注意することがなかったけど、5キロ戻す努力をしてください」
この歳の5キロって並大抵の努力では減らない。
舌の根も乾かぬ帰り道、大好きなドーナツを買ってしまった(笑)
レッグ・マジックを最低1日5回(今は2回がやっと)。
間食は今日のドーナツを最後にする。
自分でも縛りがないと甘やかしていた体を、本気でどうにかしなくては(笑)
次の予約は2ヵ月後。
1キロくらいは減らしたい。
いや、強気で2キロ減(笑)
[PR]
by dandanjunjun | 2011-01-18 14:55 | 日々 | Comments(0)

e0172635_11222384.jpg

全国的に冷え込んだ週末。
私の心も冷え切って(笑)
映画を観る気分じゃなかったけど、予約なしに飛び込んだネイルサロンにことごとくフラれ、仕方なくレイトショーに。
なんて面白いんだ(笑)
あっという間の二時間。
いやなことも忘れ集中させてくれる映画ってほんとにありがたい。
この手のもの(インターネットとか)に疎いので理解できるか心配だったけど、構成が見事で引き込まれる。
隣の人(男性50代)が激しく笑ってたとこに笑えなくてちょっと不安がよぎったが(笑)それでもおそらく十分理解できたはず。
「イカとクジラ」の子がこんなに立派に(笑)
[PR]
by dandanjunjun | 2011-01-17 11:29 | 映画 | Comments(4)