<   2010年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

月末

なんとなく嫌な月末。
支払いが嫌なのよね(笑)
時間がないのについつい覗いてしまうとこ・・・。
http://www.anthropologie.com/anthro/index.jsp
このサイト「at home」のカテゴリが私のツボ。
送料がネックだけど、あれこれ欲しいものばかり。
見てるだけでも楽しい。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-09-30 15:00 | 日々 | Comments(2)

大人は判ってくれない

e0172635_1037177.jpg

Qママさんの「隣の女」の記事を見て、トリュフォーの「アントワーヌ・ドワネルシリーズ」が観たくなり、最初から。
この「大人は判ってくれない」ってこんな内容だったんだ(笑)
記憶も印象ももっとソフトだったから驚いた。
オープニングのジャンヌ・モロー??って最後までわからなかったし(笑)
ウィキの解説読んだらカメオ出演も多くて、もう一度観なくては。
特典で「ジャン・ピエール・レオー」のインタビューがあった。
13,4歳がこんなに大人なんだっていう驚きと、ヒステリックで勝手な大人が子供っぽく見えてしまう驚き。
子供の頃「大人って勝手」って思った記憶が蘇る(笑)
まだ端っこしか見てない世界の中心には自分がいて、小さなことがこの世の終わりのように感じられた子供時代。
昨日髪を切って、久しぶりにちょっと短くしたら、まるで「まことちゃん」(笑)
前髪が違うけど(同じだったらやばい)。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-09-30 10:54 | 映画 | Comments(4)

リボンで

たまに目にするリボンつきネックレス。
「ドログリー」でかわいいリボンを見つけたので・・・
e0172635_1134484.jpg

ほんとは早く仕上げたいものがあるんだけど・・・。
なかなか頭の中でまとまらない。
先にイメージができてしまうと、材料をそろえるのが難しい。

リボンなんて甘いイメージとは対照的な「ハート・ロッカー」
e0172635_11361748.jpg

最初から最後まで持ち続けてしまう緊張感。
「どこを見るか」という点で人それぞれだろう。
息子を持つ親としては・・・やはりこういう状況に息子を置きたくない。
精神をいつ病んでもおかしくない状況。
これが必要だったのか。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-09-29 11:44 | 手芸 | Comments(2)

セプテンバー11

e0172635_14175630.jpg

zucchinioさんのブログから。
それぞれの監督がそれぞれの9.11を映画に。
とても短い時間に思いを込めるというのは難しいだろう。
観るほうもその短い表現を受け入れるには心構えが必要だ。
私なんぞがおこがましいが、私なりに観させてもらった。
世界で起こる全てのことの犠牲になる人の多くは、なんの判断も選択もしていない人たち。
犠牲から何かを学ばなければ。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-09-27 14:27 | 映画 | Comments(2)

赤玉パンチ

e0172635_12104255.jpg

両親が葡萄を買いに福岡の田主丸というところに。
たくさん葡萄を買ったら、農園の方が「自家製ワイン」と言ってお土産に持たせてくれたらしい。
義母はお酒は1滴も飲めないし、義父は日本酒か焼酎のみ。
で、ありがたく頂くと・・・。
これは「梅酒??」
葡萄の味というより、あまーい梅の酸味のないような・・・。
自信満々に「混じりっけなし」と差し出されたらしいので(笑)素人の分際で何も言えませんが・・・。
何しろ甘いので(笑)なかなか飲めない。
昨日買ったイチジクが少し早かったので、コレで一応「ワイン煮」にしてみたら。
これはおいしい!
ワインとしていただくより数倍おいしくいただけた。
このグラス、「赤玉パンチ」(笑)
大きさも形も気に入って大切にしてる。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-09-25 12:19 | 日々 | Comments(2)

間違えて

届いた封筒を開けたら・・・
e0172635_133542100.jpg

注文間違えたとがっかりして確認したら・・・間違えてない。
相手の間違いで1年前の号が。
たまに買うこの「Pen」という雑誌。
タイトルに興味があったら買うけど、この「ぬくもりの文房具」は、自分から手は伸ばさない。
結局、すぐに注文した号を発送してくれて、しかもこの号は返品不要とのこと。
思いがけず、手にとってみると・・・。
めくるたびにワクワクする美しい文房具。
ページがカラフルにく彩られて、もともと「物好き」には嬉しい。
自分では選ばないものが、思いがけず惹かれるものだったら、その「出会い」が楽しい。
本当に届くはずのものは
e0172635_1352246.jpg

開催中の「あいちトリエンナーレ」。
http://aichitriennale.jp/
残念ながら今年の秋は名古屋には行けそうもない。
ちょっと行ってみたかった。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-09-24 14:01 | | Comments(0)

お月見団子

「あれ?団子は?」と昨日息子に言われて。
「忘れてた」すまん(笑)
お団子作るねと言った翌日の会話。
最近、何でもすぐ忘れちゃう。
で、忘れちゃいけないことって思うと、気になってしょうがない(笑)
e0172635_1646378.jpg

作るというほどの作業でもなく。
なのにできたてのお団子ってものは、艶々でおいしい!
息子は餡よりみたらしのたれが好み。
甘辛いたれをつけたら・・・息子もまた太ってしまう(笑)
[PR]
by dandanjunjun | 2010-09-23 16:51 | 季節 | Comments(2)

渇き

e0172635_11334317.jpg

パク・チャヌク監督。
バンパイアになってしまった聖職者と抑圧された人妻。
それを想像すれば、悲恋物語になってしまいそうだけど、さすがこの監督そうはいかない(笑)
細部に笑いを忍ばせることも忘れないし、キャストがそれぞれはまってる。
今までの映画もそうだけど、色での表現も洗練されてると思う。
コメディ、シリアスなどという分野の枠を超えて楽しめる。
いったい私は何を観てる?っていう微妙な匙加減がほんとにうまいと思う。
引き込まれては、突き放され(笑)
この感覚は好き。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-09-22 11:42 | 映画 | Comments(0)

第9地区

e0172635_11251155.jpg

たぶん間違えて借りたと思う。
画面には大きな宇宙船??と思ってたら、ぞくぞくとエイリアンたちが(笑)
この手の映画をなかなか観る機会がなかったから(借りないし)ちょっと新鮮。
エイリアンは猫缶が好物だったり(笑)
笑ってられない気持ち悪いのもあるけど。
さらっと見終わる頃息子が帰宅。
「これ何?」というから、つたない説明を。
「あ、知ってる観たい!」ということで。
もう一回(笑)
さらっとのはずが、あんがいじっくり観ることができました。
最後のほうなんてじんとしたりして。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-09-21 11:30 | 映画 | Comments(4)

NHKで。

e0172635_122790.jpg

昨日の夜。
途中で気がついたから半分しか見てないけど。
きっと再放送があるはず。
来年公開準備中の「一枚のハガキ」
監督は最後だと言って、自分の思いを全て詰め込もうとしているかのようだった。
98歳の今も尚、「生き残ってしまった」という思いを捨てず、残された自分にできることを一生懸命に。
[PR]
by dandanjunjun | 2010-09-20 12:06 | 日々 | Comments(4)