カテゴリ:おでかけ( 30 )

鎌倉

e0172635_17265571.gif
無性に息子に会いたくなって 笑。
そりゃあ仕方ない。
この前までそこにいたのに今はさっぱり様子がわからない。
用があると嘘をついて行っていいかと尋ねると「いいよ」と返事が。
一応覚悟はしていて。
「泊まるのはちょっと・・・」と言われたらきっぱりと諦めようと。
まだセーフだったのでいそいそ出かけ。
掃除をしてご飯を作って顔を見ながら近況を聞いて。翌日も夜遅くまで帰らないと言うので、あれこれ行き先を考えた末懐かしい鎌倉へ。
懐かしいって言っても全然覚えてないけど。
海岸で遊ぶ写真と大仏の写真はたまに見かけたので写真の記憶と言った方が正しいかも。
江ノ電を降りるのが惜しくて「七里ガ浜」まで。
海を見ると人は笑顔になる 笑。
少し高い波の音が新鮮で心踊る。
来て良かった、帰りたくない。
息子にも会え、ほんの少し旅行気分も味わい、大満足の三日間。
お正月には帰ってくると、別れた後にはやっぱり涙が。
仕方ない一人息子だから 笑。

[PR]
by dandanjunjun | 2017-12-06 17:26 | おでかけ | Comments(0)

ユトリロとヴァラドン

e0172635_153043100.jpg

うっかりしてたら12月。
そのうち行こうと思ってたら最終日になってしまった。
ユトリロの絵が凄く好きではないけれど、母ヴァラドンの絵を見たことなかったので行ってみた。
母子とはいえ、遠目からでも二人の絵ははっきりと分別できる。
まったくといっていいほど違う。
どうやらモテモテだった美貌の母は父親のわからないユトリロを18歳で産み、その後も恋に仕事に大忙しでさびしかったユトリロはお酒に依存するが、飲んでいたのがアブサンじゃなく赤ワインだったので、わりと長生きできたらしい。
美しかった母は絵のモデルをしていて、有名画家とも浮名を流す。
奔放でちゃらちゃらしていたかどうかはわからないけれど、絵を見ると、案外しっかりと地に足がついた人だったんじゃないかと思われる。
大胆でのびのびした印象ではあるけれど、緻密で繊細さも伺える。
愛情の掛け方受け止め方は様々で、べたべたしてたから愛情いっぱいとかではないし、祖母に面倒を押し付けて好き勝手していたからといって息子を愛していないわけじゃない。
刺激を受ける存在だったかもしれないし、会えなかった分恋しさが募ったというのも・・・。

いつもiphoneからupしてるのでたまにpcで見ると写真の大きさに驚く。
下手なだけじゃなく大きな写真でお見苦しくて申し訳ないです。

e0172635_15463695.jpg


写真が逆なのはご愛嬌。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-12-07 15:47 | おでかけ | Comments(0)

活動写真弁士

少し前から告知はしていただいていたので、「行きたいな」とは思いながら。
最近の休日は、夫はほぼ留守。
仕事やら用事やらであてにならない。
かといって、息子と二人だから自由というわけでもない。
息子は友達と約束したり、でなければ試験勉強、それがなくても一緒に出かけるというのは少し無理になっている。
見たい映画も違ってきて、合わせるのが辛いというよりは、一緒に見たくないと思われてる感じ(笑)。
それが寂しいというのではない、それぞれ出かけるなら、息子の時間に合わせて出かける予定をたてるのが面倒。
昨日も悩んだ挙句、当日まで待って、約束があるなら早起きするはずの息子がなかなか起きてこないので、強引に当日予約に踏み切る。
なんとかチケットはまだあったのでラッキー。
だけど、ココからが問題。
「八女~?」
「何分~?」
遠い、遅いというのも嫌だし、二人で出かけるのも嫌だしというのが、顔にも態度にもありあり(笑)
めげる母さんではないので、「本屋さんに寄ってあげようか?」
「なんか食べる?」
とご機嫌取り。
「ローソンに寄って」
「他のコンビニなら通り道にあるけどだめ?」
「ローソン!」
普段なら、ふざけるなと怒るところを、「時間あるからいいよ」と気持ちを静める。
「つまんなかったら途中で出てていい?」
「うん、車でマンガ読んでてもいいよ」
とテキトーに聞き流す。
とはいうものの、これでも最近は少ししゃべるほうで。
昨日ももう直ぐ始る「エヴァンゲリオン」だの、友達の話なんかを楽しそうに話してた。
たびたび話に登場するT君が、なんと三つ子で、三人とも同じ学校にいることを帰り道で聞いてびっくり。
なんか意味がわからないからテキトーに聞いてたけどようやく辻褄があう(笑)。
さていよいよ「活弁」
e0172635_11414428.jpg

もちろん私も初めて。
国定忠治を迫力で11分。牧野省三監督のこの映画、今観られるのは11分だけなのだそう。
そのあとは「キッド」。
息子にもありがたいチョイスで、最後まで楽しそうに。
私は今までチャップリン映画を観たいとは思いながら、DVDを借りて観るという気になれず、たまたま少し前に映画館で2本観ることができて確かに良かったけど、かといって残りをDVDで見る気にはやっぱりなれない。
ましてや息子にも勧める気にはなれないし、じゃあ面白くないのかといえばそうじゃない。
伝えられる自信がない。
だけど息子はあっさりと、
「面白かった」と。
活弁ってそういうものか。
冷たい肌に赤みがさしたように、モノクロの映画に息が吹きかけられる。
登場人物が生き生きと感じられ、シンプルに楽しいと思わせてくれる。
中高生なんかに見せる時には、最初にロックをかけたりして惹きつけるそう。
そんな新しい試みをして、次の世代に良いものを残す活動。
「貧乏芸人」とご自分をおっしゃる姿がただただかっこいい。
そして現在大学院生の娘さんも小学校5年生でデビューした活弁士とのこと。
若い女性の活弁を、いつか聞いて見たいもの。
昨日は更に息子を満足させてくださるものが。
会場が「たかっぽ」という所で。
意味もわからず行って見たら民家?のような佇まい。
中に通されてみると、既に机にはお料理が。
e0172635_121359.jpg

お料理を口にした息子が「うまっ!」(笑)
素朴な田舎のおかあさんの手料理はどれも沁み込む美味しさ。
なかでも竹に入った刺身こんにゃくは東京でも売り出されるそう。
「どうなることやら」と笑ってるおかあさんは東京に行ったことがないらしい(笑)。
「私より先にこんにゃくが東京に行くことになっちゃって」って。
上にかかったゆず味噌が、びっくりするくらい香りが良くて、
息子が残さないか見張っていたけど、なくなってた(笑)
お土産におはぎとサトイモ団子なるものを頂き、
今朝食べてやっぱり「おいしい~」。
お弁当にも入れてあげた(笑)
行きはちょっと遠いな~(1時間半)と思ったけど、
心もお腹も満腹のせいか、帰りは早く感じた。
途中道を間違えて、真っ暗な農道に出たときは二人でちょっとビビッたけど、
「大丈夫、あっちは明るいよ」と息子。
早く運転できる18歳になってほしい。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-11-12 12:09 | おでかけ | Comments(2)

陶器市で買ったもの

さて、連休谷間の平日に行った「有田陶器市」。
友人からはさんざん「電車で行った方がいい」と勧められたにも関わらず。
荷物のことを考えるとどうしても車で行くしかないと。
何故かと言うと・・・。
私は普段揃えて買うという意識があまりなく(家でほとんど食事をしない)、1個、2個という感じでかってしまう。
反対に毎日食事をする夫の実家では、割っても割ってもなくならない買い方(笑)
祖母が健在の頃は、毎年陶器市へ行っては10枚単位でお皿などを購入。
田舎では法事などで大量に食器がいるのでそういう習慣になっているよう。
さすがに最近は自宅で法事もしなくなり、大量に揃った食器は邪魔なものになっている家庭も多いのが現状。
なので義母も10枚とまでは言わなくなり、私も実のところほっとしている(なにしろ重いので)。
今回は普段使いのお皿などを6枚くらいづつ、母の好みにも合うようなもを私が選ぶ。
合わせ易く邪魔にならない感じ?

で、1つだけワゴン(店先にある処分品のような存在)に残り物のように、間違いなく残っていたお皿。
e0172635_14424930.jpg

昔おばあちゃんの家なんかにあった飾り皿でしょうか。
でも、絵柄が生き生きしてて、金の縁でなんか妙に心惹かれるものが(笑)
これが私の1番の収穫。

「子供の日」だから、一緒に映画でも?
と息子を誘ったら。
即答で、
「名探偵コナン」・・・と。
もうすぐ14歳ですが・・・。
「大丈夫、大人が観ても面白いと評判」ってどこで評判?
まあ、仕方なく。
e0172635_1451754.jpg

こ、これは・・・。
さっぱり。
無理・・・。
終わってみて、Jリーグの何周年だかのコラボがどうとかでっていうことがわかり。
そういえば、「キングカズ」だの・・・あとわかんないけど出てたような・・・。
なんか入れなきゃいけない要素を無理やりくっつけてしまったような感じになってしまって。
息子にも「無茶だよね」と言ったら。
「またダメ出しですか?」と軽く嫌味を言われたりして。
ちぇっって感じな最初で最後の劇場版コナンでした。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-05-08 14:56 | おでかけ | Comments(0)

有田陶器市

久しぶりに陶器市へ。
義母と9時出発と約束をして。
起きたら9時過ぎ(笑)
ええ、本来今日は平日なのだけれど、息子の学校が早々と雨で遠足中止=休み(振り替え)ということで、すっかり気が緩んでいたようで・・・。
慌てて飛び出したけど、道はスイスイ。
今日は連休中日の平日で、さらに天気予報はくどいように雨と言ってくれたお陰で、本当に空いてて(笑)
おまけに雨はほぼ降らず、日も照らなくて涼しくて、たまには雨女も役に立つ。
数年ぶりの印象は、若い作家さんのお店が増えていたように。

e0172635_19313351.jpg

手書きの細かい模様。
だけあって、これは見るだけ用。

e0172635_19325236.jpg

今右衛門。
古い建物自体が素敵。
陶器は・・・高いし(笑)

e0172635_19353553.jpg

e0172635_19361344.jpg

e0172635_1936491.jpg

1個100円から、何十万円まで。
くたびれたけど、たまにはブラブラするのも、このくらい空いてたら楽しい。
明日からはまた大混みです。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-05-02 19:38 | おでかけ | Comments(0)

パリの自分土産

気がついたらもうすぐ4月。
たいした写真もないのに、インフルエンザの影響か、だらだらと引き延ばしてしまったのでここいらで終わりに。
最後を飾るのは
e0172635_1329527.jpg

目を皿のようにして探したアクセたち(笑)
ど派手なじゃらじゃらアクセサリーも多いし、豪華で高価なものも。
まあ、身につけられそうで、しかも手ごろなものを探すのは至難の技。
でも、欲しいものがいっぱいあるなか絞り込んだいや、なんとか買えた物たち。
どれもすでに愛着が。

帰りの飛行機で重量オーバーで200€追加支払いと言われ、慌てて10キロ手荷物にした馬鹿な私。
だって、中身はどれもガラクタ(自分にとっては違うけど)なのに、200€も払うなんて。
大したものは買ってなかった私はうっかり重量を気にしていなかった(汗)
その、もしかすると案外高くなってしまいそうだったガラクタたちは・・・。
e0172635_13383497.jpg
e0172635_13391755.jpg
e0172635_1340018.jpg
e0172635_1340512.jpg
e0172635_13413422.jpg
e0172635_13421615.jpg

こんな素敵なお皿があるかと思えば、
ヴァンブには、どう見てもゴミ(?)なものも(笑)
「こんなの置いといて売れるのかな~?」と思いきや、
「いくら?」
と聞いてる人もいる。
物を大事にする。
自分なりの工夫でオリジナルなものにしてしまうという感覚が日本には少ないな~。
1つのもの(ガラクタ)を見て、いろんな可能性を思い浮かべるって言ったら大袈裟だけど、
シンプルで白が大好きな日本の家のインテリアにも、オリジナルな装飾があったらもっと面白いのに。

買って来たボタンなどをくっつけて
e0172635_13551139.jpg
e0172635_13555666.jpg

もともとは20年前のニューヨーク旅行で主人(当時は結婚前)に買って来たお土産。
e0172635_1357536.jpg

裏に「ジョン・レノン」とあるので、生前のデザイン画かなんかかな。
あまり活躍しているところを見かけなかったこのネクタイは主人のゴミの山に。
かわいそうだったので、エマールで洗濯後、デコレーション。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-03-27 13:59 | おでかけ | Comments(2)

睡眠

先週土曜日からのインフルエンザと、その前の週の旅行による、
睡眠サイクルの乱れが現在も続いています。
インフルエンザ中は、日頃から「寝れば治る」と思い込んでる自分偏り思考の為か。
まずは36時間ほど寝続け(薬を飲む時間以外)。
病院で薬(タミフル他)をもらってからも3日間はほぼ寝て。
もう、どうしても仕事しなくちゃという日になって、お昼頃には店に行こうと心に決め、
朝、息子を送り出してからベットに「あとちょっとだけ」と入り。
起きたら「2時」(笑)
寝すぎて朦朧としながら店に。
それ以後、なんとか出勤するも「早く帰って寝たい」と思う日々。
ちなみに昨日日曜日の様子。
朝7時起床。
息子を送り出し、またベットに。
息子の電話で起こされ、時計を見たら「午後1時」。
あ~こんなに寝てしまったら夜が寝られない。
というのはいらぬ心配で。
1日中、DVDを観てはうとうとしていたのに、
11時に就寝。
今朝も起きるのが辛かった。
さて、この体内睡眠サイクルは正常に戻るのだろうか。

時差ぼけが始った旅行の宿泊は14区のモンパルナス。
空港からのバスが到着するし、日帰り旅行の電車の駅もある(後日、ここからは発車しないことが発覚。
シャンパーニュ地方は東駅からの発着)。
2つの蚤の市にも地下鉄1本。
などの理由で決めたわけですが。
モンパルナスといえばQママさん。
事前に伺った地元情報のお陰で、さらに便利な滞在を楽しむことができた。
何しろ、モノプリが近い(笑)
ほぼ毎日のようにモノプリに通い。
お土産ココで購入。
その上DVDも売っていたのでチャレンジ。
e0172635_1131362.jpg

昨日試しに1本「les femmes du 6etages」を。
観たかったけど、日本では観られそうもなさそうなのを3本。

e0172635_11162786.jpg

このモンパルナスタワーを目印に。
近くでは土、水曜日に朝市が。
e0172635_11191539.jpg

野菜、果物、魚、花・・・他にも色々。
ブラブラ見て歩くだけでも楽しいし、ちょっとだけ買ってみた果物も美味しかった。

夜は賑やかで、店の前に行列があったりする。
いったい何に並んでる???と近寄ってみると。
e0172635_11222543.jpg

こんな小さな劇場がいっぱい。
言葉がわからなくても行ってみたらおもしろそう。

日本食レストランも多く、おいしいアイスクリームもあった。

e0172635_1130252.jpg

ここはホテルからも直ぐ近く。
前にQママさんのブログで見て、是非行ってみたかったクスクスのお店。
場所を教えてもらい、もの凄くお腹が空いていた日曜のランチに。
野菜もたっぷりで凄く美味しかった。
デザートが入らないくらいお腹がいっぱいで(笑)
その満腹感はなんと翌朝まで続く。
クスクスって本当に腹持ち(?)が良いのですね。

クレープリーも何軒かあるし、買い物、食事、交通機関と、
とっても便利な場所でした。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-03-26 11:35 | おでかけ | Comments(2)

パリ散歩

私は詰めが甘いのか(笑)
食べたいもの、行きたいところ、苦手な地図と格闘して目星をつけるところまでは頑張ったつもりが・・・。
行ってみると「お休み」ということが多い。
ので、あまりきっちりとした予定は立てず、街をぶらぶら散歩する感じで。

e0172635_14255196.jpg

ココには2度。
1度目はお休みだったので(笑)
ただ、ここは大きな目的だったので再訪。

「コレット」
e0172635_1427311.jpg

お休みだったけど、ショーウィンドウの風船を、お店から出てきて配ってた。

e0172635_14291995.jpg

e0172635_14295461.jpg

モンマルトルの坂を上がって、ヒーヒー言ってたら、後から来たカップルがいきなりキスを始める。
ぼんやり口を開けて見ていたのか、
その後ろから現われたおじさんに、
「じろじろ見て(笑)、ここは自由だよ!」
なんて笑われる。

「メルシー」
e0172635_14364698.jpg

確かにむやみに高い(笑)
うちに売ってる日本製の酒タンポなんて置いてある。
ものの価値は、そのものの価格ではなく、どう売るかにもよるんだな~。
そこに置いてあると、その「モノ」が素敵に見える。
[PR]
by dandanjunjun | 2012-03-24 14:39 | おでかけ | Comments(0)

TGV

初めてTGVに乗った。
チケットはなんとなく・・・サイトがあったので日本で購入(しなくても全然空いてたけど)。
パスポートと一緒に窓口になんて書いてあったので、その窓口に行くと・・・。
日本でも見かけるATM前で説明してくれるような人がいて、チケットを見せると、「あと10分で出るから〇番ホームへ直接行っちゃっていいよ」なんて親切に教えてくれたので。
その〇番ホームへ急ぎながら-----そんなわけない。
掲示板で確認すると、確かに方向は同じだけど、違う電車。
駅の名前が似てるわけでもないし、出発時間も違うのに、何故間違えて教えちゃう???
無事乗れたので問題なし(笑)
e0172635_1153211.jpg

駅について、改札を出ようと思っているうちに気がつくと駅の外に。
改札も無ければ検札もなし(笑)
つまり、あのおじさんの教えてくれた電車に乗っちゃってもどうってことなかったのか~。
と、友人は調子に乗って、「1本早い電車で帰ろうか」と言い出し。
たまたまホームにはその1本前の電車が。
「そういうときに限って」と実はA型気質な私がストップ。
帰りはちゃんと検札に回ってきたのでした。
検札は、気分?時間?込み具合?・・・なのかしら(笑)

ずっと前、クリニャンクールに行った時、案内してくれた方が、「ちょっと危ないところだから気をつけて」と。
駅からそこまでの間に、露天のような店が連なり、今回もちょっと怖かった。
肩に力が入っていたせいか、45分電車に乗って行った街がことのほか穏やかに感じられた。
なんかのんびりしてる。
お天気も良く、人もあまりいない(笑)
路面電車はまだピカピカで、バスも綺麗な新しいのばかり。
道もとても綺麗だった。
「パリと空気が違うね」
e0172635_1272760.jpg
e0172635_128584.jpg

[PR]
by dandanjunjun | 2012-03-22 12:08 | おでかけ | Comments(2)

暖かいパリ

もの凄く楽しみにしていたパリ旅行。
気がついたらもう帰ってきてしまっている・・・。

デジカメは持っていったものの、手軽に使えるiphoneでついつい。
e0172635_16524228.jpg



e0172635_16533617.jpg

今回の1番の目的は蚤の市。
この写真はヴァンヴ。
簡単な台にばーっと古いものを並べて売る。
じーっくり見ると、中に光り輝く宝物が(笑)
かわいい小花模様のお皿はおいくらかしら?と尋ねると・・・。
「1ユーロ」
「えっ?2枚で?」
っていうか、1枚50円か100円の違いだし(笑)
蚤の市初級者の私はつい「ほんとにいいの?」と聞いてしまった。
そのうち写真をUPしたいと思ってます。

e0172635_16542188.jpg

e0172635_1655950.jpg

そしてこれは、TGVで45分、シャンパンの街ランスへ。
カーヴではたった二人の見学ツアーで、力強い説明を聞き、3杯の試飲。
とってもおいしかった~。
街を歩いていると突如現われるこノートル・ダムは言葉にできない美しさ。
しばし見とれる。
シャンパン好きにはたまらない街。
この時期人も少なくていいんだけど、楽しみにしていたレオナール・フジタの教会も5月からだった。
のんびり歩いたり、お買い物したり、ひょっこり現われる遺跡をみたりと、パリからも近くて日帰り旅行には丁度良い距離でした。

e0172635_16554955.jpg

そして残念ながらお休みだったポンピドゥー。
いっぱい人がいたからしつこくうろうろしたけど、「お休みだよ」と通りがかる人が親切に何人も教えてくれる。
じゃあ、この人たちはここでいったい何をしてるのかというと・・・おそらく日向ぼっこか、得意のおしゃべりか(笑)
[PR]
by dandanjunjun | 2012-03-16 17:02 | おでかけ | Comments(4)