ぼくのおじさん

e0172635_11494910.jpg
「ぼくの伯父さん」といえばジャック・タチですが。
これはまた可笑しい。
松田龍平って面白い役者さん。
「まほろ駅前」シリーズも合わせてwowowで観てたので比べても面白い。
間が良いのか。
浮世離れしたとぼけたというか、呆けた顔?
特に「まほろ駅前」の時は魅力的。
大きいのか小さいのかわかんない役がぴったりで。
先日の「幼な子・・・」もそうだけど、日本人ならわかるというか、日本らしさの出てるストーリーは面白いと思う。
共感というよりは客観的に観て面白いと思える映画は日本映画の強みになる。
「永い言い訳」があまりパリでお客さんが入ってないと何かで読んだ。
あの作品がすきかどうかは別として、現代の日本人らしさは感じられるのでそういう意味で面白いと思ってもらいたい。


[PR]
by dandanjunjun | 2017-12-16 11:58 | 映画 | Comments(0)