川の底からこんにちは

e0172635_22290806.jpg

「舟を編む」しか観てなかった石井裕也監督。
映画館の予告で見て、面白そうだとは思いながら観ていなかった。もう5年前の作品。
主人公は派遣で働くOLで、バツイチの子持ちの男と付き合っている。
実家の父親が倒れたと連絡が入り戻って来いと言われるが。
仕事に失敗した男は主人公の実家の家業を継ごうと言い出し3人で田舎に帰る。
家業であるしじみ工場で仕事を始めるが。
少々唐突過ぎるセリフやアクションはあるものの、キャラクターがそれぞれ素晴らしく可笑しい。
「中の下」って正直だけど、「中の上」って思いたい人がいっぱいいる。
しょうがないじゃんって凄く頷ける。
こうならなきゃとかこうじゃなきゃなんて思ってばかりいたら周りが見えなくなる。
田舎って人と人の距離が凄く近い。
親しいと言い換えられるかはわからないけど、とにかく近い。
良いことも悪いことも耳に入ってすぐに伝わる。そして忘れる。
色んなこと受け入れて前に向かっていく主人公は本当にかっこ良かった。
中の下が中の上になるんじゃなくて、そこで精一杯頑張るだけ。
それだけでいい。
e0172635_22321223.jpg

ヴァラドンもう一枚。
[PR]
by dandanjunjun | 2015-12-07 22:09 | Comments(0)