昼下がりの背徳

e0172635_08554491.jpg

邦題なんとかしてくださいシリーズ作りたい 笑。
確かにそういう場面はありますが。
この映画、監督はドゥニ・アルカン。
「みなさん、さようなら」の監督。
私もすっかり覚えてはいないけどタイトルに聞き覚えのある方は多いはず。
なのにこの映画のこのタイトルではちょっと・・・。
ストーリーはいたってシンプル。
「みなさん、さようなら」と比べる必要もないけど、ごく親しい人の死であるとか、病気が絡んでいる。
ただ、主人公が建築家なのでスタイリッシュな映像とカナダの自然がしっくりと馴染んで美しく映される。
主人公が男前過ぎて若干軽く見えてしまうけど、完璧な男という設定らしいから仕方ないか。
ドラッグや同性愛もあくまで添え物のように主張せず控えめに、美しい景色と同じように場面に馴染ませる。
不倫ものと言ってしまえばそうだけど、軸がけしてそこじゃないということがこのタイトルだとわかりにくい。
原題は「le regne de la beaute」

[PR]
by dandanjunjun | 2015-07-27 08:36 | Comments(0)