イザベル・ユペール

e0172635_0552499.jpg
作品名3人のアンヌ
なぜかたった一週間の上映らしので、日曜日の夜慌てて映画館へ。
お昼寝してたら暗くなってた 笑。

さて、この映画。
ホン・サンスとイザベル・ユペール。
エリック・ロメールに影響を受けたとは言え、撮影地もザ・韓国と言いたい海のある田舎町。
この風景になんとこのイザベル・ユペールはしっくり溶け込んでしまった 笑。
出てくるのは監督作品の常連俳優さんたちで、所謂韓流の日本でも人気のスターではない。
彼らとの絡みも全く自然。
いつもの監督作品にひょっこりあの!イザベル・ユペールが居るというのに。
さすが大女優。
3人のアンヌを演じ分け、期待を裏切ることなく、更にホン・サンス作品により厚みを出している。
これが韓国の女優であっても監督らしい作品に仕上がっていただろうとは思うけど、そこに外国人という異文化を混ぜたことで、更に韓国らしさが強調されて面白い作品になってる。

[PR]
Commented by Qtaro-mama at 2013-11-19 23:05
この中のイザベル・ユペール、本当に可愛らしい。少女のようだと思ったのは私だけでしょうか?ライフガード役の写真の男性、初めて見る人だと思ってたら、ホン・サンス作品の常連さんでビックリしました。全然気づかなかった。
Commented by dandanjunjun at 2013-11-26 08:31
Qママさん
小鳥のように歩くシーンがありましたよね^ ^私も可愛らしくてびっくりしました。フランス映画で見る彼女とはまた違った良さがありました。「韓国の男は!」って怒るとこなんて、ああいう直接的なセリフをこの人が言うとは面白いな〜とは思いました。
by dandanjunjun | 2013-11-18 00:40 | Comments(2)