死の棘

e0172635_23451428.jpg
BSで「銀幕の大女優」という番組があって、毎週自動的に録画。
「鎌田行進曲」とこの「死の棘」が松坂慶子で。
先日観た「海辺の生と死」のその後と気がついたのは昨日。
録画してると案外観なかったりする。
いつでも観られるというのは、今観なくてもいいということ。
消せない、観ない映画がいっぱい。
でもタイムリーなので観てみましょう。
監督は小栗康平。
現在公開中の「海辺の生と死」。
出会いから死ななかった日まで、ミホはかわいらしい島の教員から、愛に身をやつす女へと。
その後を聞きかじって観ると、なるほど狂気の女の香りは漂う。
さて、この「死の棘」。
島尾敏雄を岸部一徳、妻ミホを松坂慶子。
淡々と棒読みのようなセリフで暴力的な罵倒が続く。
ねちねちと執拗に夫の浮気を責め立てるミホ。
夫は随分長い間浮気をしていた。
見つかって責められ相手に別れを告げる。
こんなに重い愛に耐えられず浮気をしたのか、浮気をしたからミホがこうなったのか。
あんな状況で愛を確かめ合い、奇跡とも言える結婚だったのにこうなってしまうのか。
いや、激しかったからこその結果かもしれない。

相変わらずファンデーションがあまり好きではなくて、日焼け止め兼下地のようなのが切れてしまったのでネットをブラブラしたけど何を買っていいのやら。
近くのドラッグストアで見つけた。
ラ・ロッシュ・ポゼ
えっ。
こんなのこの辺で売ってるんだ。
ストレスなし。
薄っすらと肌の色を整える程度で理想のつけ心地。
e0172635_00050741.jpg
メルヴィータのオイルは全日空の機内販売で。
乗ったら必ず「お弁当の時間」を読み、全日空寄席を聴いて、機内販売を物色。
ちょっと試すのに量も丁度良くお得。

[PR]
# by dandanjunjun | 2017-09-22 23:45 | 映画 | Comments(0)

インターステラー

e0172635_00372334.jpg
おほほ。
今更これを観たのには理由が。
息子からのメールは滅多にない。
もちろん返信が10割。
季節の挨拶のようなメールをしたら2日後に返信が。
「インターステラーって面白いね!知ってますか?」
一応のプライドで「知ってますよ」って返事してから直ぐレンタル。
あんまり観てなかった分野。
面白いですねクリストファー・ノーラン。
頭がついて行かないんだけど、なんとか分かったふりで最後まで。
チンプンカンプンだけども理解はできてるような。いや、ちゃんとわからなくても十分楽しめる。
他も借りてるから息子より先に観なきゃ。

[PR]
# by dandanjunjun | 2017-09-21 00:37 | 映画 | Comments(0)

海辺の生と死

e0172635_10481169.jpg
原作を途中まで読んで、珍しく友人と3人で鑑賞。
原作というのさ「海辺の生と死」で他は読んでないので、使われてる「死の棘」など読んでたらまた違った印象を持てたのか。
なんにせよ、私の友人達はこの2人の事を知らずにたまたま鑑賞。
おそらく私の後ろに座っていたご夫婦棘思しき二人連れもご存知ないようで。
当時の加計呂麻島の様子が現地の人の言葉や唄などで感じられもするんだけど、とにかく2人のシーンがたっぷりでしつこい。
この後の2人を象徴してると言えばそうか。
もう少し短くできたかな。
字幕げないとわからない言葉や唄は情緒があって良かった。

[PR]
# by dandanjunjun | 2017-09-19 10:48 | 映画 | Comments(0)

ダンケルク

e0172635_01254250.jpg
クリストファー・ノーラン。
最近身近で話題になったクリストファー・ノーラン監督だったので公開直後急いで観に行った。
さすがに混んでたけど全然余裕で良い席に。
セリフが突き刺さります。
「ホーム」
「絶対国に帰る」
この戦争を起こしたのは自分たちの世代。子供達を戦争に行かせてしまった。
自分の息子を戦争で亡くした男がなにか役に立ちたいと船を出す。
70年前、人は自分を犠牲にして人を守った。
でも生きなければ。
よくやった。
生きてるだけでよくやったと言える。
死んではいけない。
生きて帰ろう。
息子にも観てほしい。
e0172635_01331038.jpg
友達が捨て猫拾って飼ってる。
可愛いくてたまらん。

[PR]
# by dandanjunjun | 2017-09-18 01:25 | 映画 | Comments(0)

シークレット・デイ

e0172635_15591513.jpg
シークレット・デイ
WOWOW日本未公開映画で。
2014年作品。
ダイアン・レインやダコタ・ファニングが出てる。
オープニングはクルクルパーマの娘の髪を愛おしげに触る母、ダイアン・レイン。
かわいい娘はママに我儘を言い夜遅くにクッキー焼こうなんてせがむ。
どう見ても仲の良い親子。
娘に友達が。
連れ立ってお誕生会へ向かう2人。
他の子供達に溶け込めない友達を押し付けられたようで不貞腐れる娘。
だけどこの娘、ちょっとぽっちゃりで本人もあまり相手にされてない様子。
帰れと言われ2人連れ立って帰る途中に事件が起こる。
一見単純そうに見えるこの事件が、新たな事件の発生と共に複雑な関係が炙り出されていく。
まだ幼い2人の少女が赤ちゃんを誘拐殺害した罪でそれぞれ7年の刑期に。
それにも驚いたけど、幼かった2人の供述と状況証拠で事件は解決。
刑期を終えた2人は中途半端に大人になって社会に出る。
大それた罪を犯してしまったとはいえ、まだ子供とも言える19歳の娘を持て余してしまっている母親なんだろうと見ていたら。
なんかおかしい。
この娘、でっぷりと太って不満が顔に出てとても不気味だし、好きな女優ダイアン・レインだと思って見てたら、なんか胸がざわつく。
こんな役も上手だと驚いた。
派手さはないけどめが離せない映画。

[PR]
# by dandanjunjun | 2017-09-15 15:59 | 映画 | Comments(0)